自分の脂肪で顔のしわ、たるみ治療

 

・顔全体のたるみ、くぼみ、しわなどが気になる

・これまでにヒアルロン酸注入を繰り返し受けている

・「切る」フェイスリフトまでは抵抗があるがはっきりと目に見えた効果がほしい

 

このようなお悩みを解決してくれる治療法として、自分自身の脂肪を使った顔のしわ、たるみを治療法をがあるのをご存じでしょうか。

「脂肪注入」や「脂肪移植」といわれる治療法です。

 

 

 

この治療法は、病気やけがなどに対する治療としての歴史があり、40年以上前から美容医療にも応用されていますが、あまり知られていないように思います。

 

いまでは世界的に行われており米国では最近もっとも増えている美容外科手術の一つです。長い歴史に裏付けられ方法や安全性が確立された治療ですが、日本では保険適応となっていないため行っている施設はまだ多くありません。

 

 

美容外科先進国である米国のUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)から「脂肪注入」の技術を持ち帰り、現地と全く同じ方法を採用しています。

「UCLA式」では人工的な添加物などを一切加えないご自身の脂肪だけを精製して注入します。

 

 

精製した「脂肪」は顔のあらゆる場所に注入することができます。

 

・ほうれい線

・マリオネットライン(口角から下に向かうくぼみ)

・頬骨のしたのくぼみ

・頬の中央にある溝(いわゆるゴルゴライン)

・目の下のくぼみ

・頬のふくらみ

・こめかみ

・眉の上の骨のおうとつ

・額(丸みをだす、骨のおうとつを目立たなくするなど)

・唇

・目の上のくぼみ

・その他

 

顔のしわやたるみにつかう「ヒアルロン酸」とよく似ていますが、最大の違いはいったん定着すればなくならないということです。

 

自分自身の体からとったものを戻すので安全性が高いことや、自前の脂肪は材料費がかからないため注入する量によってはヒアルロン酸よりも費用がかからないことも大きなメリットです。

 

お顔のやわらかく若々しいシルエットを取り戻すだけでなく、肌にハリがでて自然な印象でくぼみやしわが目立たなくなります。

 

注意したいことは注入した脂肪の定着率が100%ではないことです。顔以外では50~80%程度、顔は血行がよいためもう少し定着率が高いといわれています。注入するときには多少減ることを見込んでちょうど良い形か、ごくわずかに多めになるようにします。かたまりやしこりにならないよう、細かくていねいに注入すること、顔の骨格、皮下脂肪の厚みや顔全体のバランスをみて注入する場所や量を決めることも大切なポイントです。

 

日帰り手術でかかる時間は1時間程度から、注入した部分には腫れやあざが出ることがありますが腫れは1週間程度で目立たなくなります。あざが出た場合はメイクでかくすこともでき、1週間から10日ほどでめだたなくなります。

 

治療の流れ

○術前の診察

問診と診察、写真を使った評価からプランシートを作成します。手術予約と手術前の検査を行います。

 

○脂肪注入

全身麻酔で脂肪注入を行います。おへその中を数㎜切開して下腹から皮下脂肪を吸引します。お腹に手術痕などがある場合は太ももから脂肪を吸引する場合もあります。吸引する量は注入量にあわせます。顔の脂肪注入に必要な量は多くても数10mlのため、お腹や太ももがやせて見えるほどの効果はありません。混入している血液などを取り除いて精製したものをお顔に注入します。当日は自宅安静をおすすめしています。

 

○術後の診察

術後5〜7日目に注入部位のチェックと抜糸を行います。

術後1か月、3か月、6か月に診察と写真撮影しお見せします。

治療の効果をご自身で確認いただけます。

 

料金

初診料(初回の診察、プランシート作成含む) 3,000円

術前検査(採血、レントゲン、心電図)    15,000円

基本料金(採取料)            240,000円

ひたい                  300,000円

こめかみ                  170,000円

目の上のくぼみ               70,000円

目の下のくま                70,000円

頬(頬骨の下のくぼみ、ゴルゴライン含む)  200,000円

ほうれい線                 70,000円

マリオネットライン             50,000円

唇                     50,000円

全顔(ひたい以外)             410,000円

全顔(ひたいを含む)           510,000円

全身麻酔(麻酔科専門医による)      150,000円

※手術費用には薬剤費、材料費、術後半年目までの再診料が含まれます。

※2回目以降は基本料金以外20%割引となります。

※2019年12月に費用の改定を行いました。上記は改訂後の料金です。

※表記料金に消費税を加算させていただきます。

 

●リスク・副作用・合併症

・内出血や腫れ

・妊活・妊娠・授乳中の方への施術不可

・出血・血腫

・長期的に注入部位の硬結・石灰化・嚢胞形成・脂肪吸収

 

 

※2017年に日本形成外科学会が発表した、適正に脂肪注入を行うための基準に準じて脂肪注入治療を行っています。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

 

顔面神経麻痺後遺症のボトックス治療とリハビリテーション

 

顔面神経麻痺の後遺症による顔のゆがみ、ひきつれ、意に反した動きに対する「ボトックス治療」とリハビリテーションについてご説明します。

 

顔面神経麻痺の後遺症

顔面神経麻痺の後遺症による顔のゆがみは以下のような原因によっておこります。

 

・表情筋の麻痺:神経からの刺激がなくなるため筋肉の動きがなくなります

・表情筋の筋力低下:神経が再生してくると筋肉が動き始めますが、しばらく動いていなかった筋肉はやせて筋力がおちています

・表情筋の拘縮:動かなくなった筋肉は硬くなり縮まってこわばります

・表情筋の異常共同運動:神経の再生過程で神経が混同することによって口元や目元の筋肉が意に反して動きます

 

顔面神経麻痺になってから4か月目ごろから口を動かすと目を閉じてしまう、目を動かすと口元がピクピクするなどの「共同運動」がみられるようになります。また、10か月から1年たつと動きの弱い表情筋が硬くなって縮まることで起こる「拘縮」による顔のこわばりが出てきます。

 

顔面神経麻痺とボトックス治療

顔面神経の後遺症はボトックス(ボツリヌストキシン)を使って治療することができます。ボトックスには筋肉の動きを弱める効果があります。顔のけいれんや表情による目尻や眉間のしわなどの治療に広く使われているお薬です。動きすぎている顔の筋肉やこわばった筋肉をターゲットに少量ずつボトックスを注射して特定の筋肉だけをゆるめてあげることで顔の表情の左右差やゆがみを整えることができます。

 

治療の流れ

①気になる症状と表情の診察からプランシートを作ります。症状の出かたには個人差があるため、お一人おひとりに合わせた治療プランを作成します。気になっている「目尻」や「眉間 」などのしわがあればお伺いし、同時に治療できるようプランに組み込みます。

 

②プランに沿ってボトックスを注射します。極細の注射針を使っていますが、顔のいろいろなところに注射をするので痛みをやわらげるために表面麻酔(クリームの麻酔)を使います。麻酔クリームを塗って30分程度おくことで注射の痛みが和らぎます。

 

③プログラムに沿って表情筋のマッサージなどのリハビリテーションを開始します。

 

④1-2週目の診察で効果が足りないところがないかチェックします。笑ったときの表情や口元を動かした時の表情などを確認して、ご希望に応じてボトックス注射を追加します。1回目の治療で足りなかった部分を修正して次回のプランシートを作ります。

 

⑤ボトックス治療の効果は3−6か月持続します。2回目以降は前回の治療の結果に応じて修正したプランシートをもとに注射の量や場所を決定します。

 

 

ボトックスを使った顔面神経麻痺の治療は、顔全体の表情筋のバランスを整えることで、自然な表情をとりもどすための治療です。注射の後に正しいリハビリテーションを行うことで相乗効果が期待できるだけでなく、効果が持続して注射の間隔を長くすることができたり、リハビリテーションの効果で注射が必要なくなることもあります。

 

料金

初診料(初回の診察)       3,000円

顔面神経麻痺ボトックス治療  52,000円(プランシートの作成を含む、保険適応外)

表面麻酔(クリームの麻酔)    2,000円

再診料(2回目以降の診察)   1,000円

 

※リスク・副作用・合併症

・内出血(注射針が血管に当たってしまった場合)

・妊娠・授乳中の方への施術不可

・目が閉じにくくなる可能性

・目が開けにくくなる、眼瞼下垂になる可能性

・表情の左右差

 

※ 表情じわの治療薬として厚生労働省の承認を得ているボツリヌストキシン、「ボトックスビスタ®」を使用します。

※顔面神経麻痺発症から4か月以上経過した慢性期の方に対する治療です。

※表記料金に消費税を加算させていただきます。

 

顔面神経麻痺の後遺症について

慢性期後遺症でみられる3つの症状

顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群など)からの回復期に、「顔のゆがみ」や「こわばり」、「意に反して目や口が動く」といった症状がみられることがあります。これが「慢性期の後遺症」です。

症状は、

・筋肉の回復が不完全な「筋力低下」

・神経の再生プロセスでのエラーによる「病的共同運動」

・筋肉が硬くなってこわばってしまう「顔面拘縮」

の3つです。

 

筋力低下

顔面神経麻痺を発症すると表情筋はしばらく動かなくなります。神経が再生すると筋肉も動き始めますが、しばらく動いていなかった筋肉はやせて筋力がおちている状態です。筋力は徐々に回復していきますが、もとの筋力まで回復しなかった場合は筋力低下となります。

 

病的共同運動

5本ある顔面神経が傷ついて麻痺が起こります。その後、5本が合わさった付け根から神経が再生してきますが、このとき回復する神経が行き先を間違えたり、神経同士の不必要な連絡ができることがあります。この回復プロセスのエラーによって病的共同運動が起こります。症状は、口を動かしたいのに目がピクピクする、目を閉じると口も動いてしまうなどの意に反した動きです。ベル麻痺では約10%程度の方にみられます。

 

顔面拘縮

顔の筋肉のうち、目や口の周りにある表情筋は目を守ったり食事をとるなど体にとって特に大切な動きをしています。これらの筋肉を早く回復させようと脳からの強い指令がでるため、表情筋が常に緊張した状態となり、収縮して硬くなります。これが顔面拘縮です。自分で感じる症状は、顔のこわばりや引きつれ、ほうれい線が深くなる、目が細くなるなどです。

 

 

後遺症の予防と治療

後遺症を予防するため、麻痺の早期からマッサージ、ストレッチ、鏡を使った「ミラーフィードバック療法」などのリハビリテーションを行うことや、しかめ面や百面相など強い筋肉の動きを避けることが重要です。

 

発症から4カ月たって「慢性期」に入ってからも、症状が悪化しないよう、マッサージやストレッチなど根気良くリハビリテーションを続けます。

 

発症から1〜1.5年が経過すると、リハビリテーションによる回復の見込みが少なくなるため、後遺症に対する治療を始めます。

 

後遺症に対する治療には、目の周りや口の周りの筋肉のうち、緊張の強い部分を切除する「手術療法」や、筋肉の動きをゆるめる薬剤を注射して自然な表情をとりもどすための「ボトックス治療」があります。ボトックス治療は効果の持続が3か月から半年程度であるため、繰り返し行う必要があります。目の周りの筋肉の拘縮で細くなった目に対しては「上眼瞼形成術」などを行うことも可能です。

 

慢性期の後遺症に対する治療を希望される場合、まずは顔面神経麻痺の治療を受けている主治医にご相談いただき、紹介状をご持参のうえ診察にお越しください。治療の経過などについての情報を提供いただければ治療がスムーズにはじめられます。お一人おひとりの症状にあわせて治療のご提案をいたします。

 

顔面神経麻痺後遺症のボトックス治療とリハビリテーション

ボトックス治療ーよくある質問

当院で行っている上眼瞼形成術

まぶたの左右差ー顔面神経麻痺の後遺症について

 

 

 

ヒアルロン酸治療:クリニックについて

 

メスを使わない若返り治療のひとつに、ヒアルロン酸注射があります。以前は、お顔の細かなシワを目立たなくする使用法しかありませんでした。最近では、皮膚が衰えた部分に注入してお肌にハリを与えたり、特殊な場所に注入することでリフトアップ効果がだせる製品が登場しています。

 

アラガン・ジャパンの「ジュビダームビスタⓇボリューマXC」と「ジュビダームビスタⓇボリフトXC」は、新しいコンセプト「肌のハリ」「リフトアップ」に特化し、厚生労働省による製造販売認可を得た製品です。

 

 

製剤は専用のシリンジに「滅菌状態」で充填されており、より安全にご使用いただくため当院では1本のシリンジをそれぞれ患者様お一人おひとりに限定して使用しています。

治療前に、

・「ヒアルロン酸の製品名(どんなものをつかっているか)」

・使用するヒアルロン酸をご自身のためだけに使用しているかどうか

この2点の説明があるクリニックで治療を受けましょう。安全に、より効果的な治療を受けていただくために、ご自身が知っていなければならないことです。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

冬のしみ、ほくろ、いぼ治療

 

顔や首の「いぼ」「ほくろ」「しみ」などの治療を受けた後にはできるだけ紫外線が当たらないようにすることが最も大切です。色素沈着による「戻りしみ」を予防するためです。紫外線の最も弱まる冬の季節に治療を受ければ、紫外線の影響を受けにくいという大きなメリットがあります。

 

「しみ」「ほくろ」「いぼ」をレーザーなどで治療したあとは、10日から2週間ほど患部を保護する必要があります。汗をかきにくいこの季節であれば保護材などが汗ではがれてしまう心配も少なくなります。できるだけ傷をはやくきれいに治すために、「ハイドロコロイド被覆材」を使ったケアをおすすめします。この「ハイドロコロイド被覆材」、もともとは医療用に開発されて主に外科や形成外科などで傷のケアなどに使われてきたものですが、最近では手軽にドラッグストアなどでも手に入るようになりました。自宅で簡単にケアができるので治療当日から入浴や洗顔、洗髪も普段通りにしていただけます。

 

マスクや首もとが隠れる服装で治療したところを目立ちにくくすることができるのも冬に治療を受ける大きな利点です。例えばしみの「トレチノインを使った塗り薬治療」では口元まわりの赤みやかさつきが目立つ時期がありますが、そんなときにはマスクが活躍します。

 

しみの治療について

詳細を見る

 

ほくろの治療について

詳細を見る

 

いぼの治療について

詳細を見る

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

1 / 212