目の下のヒアルロン酸とタッチアップ

 

目の下の「くま」や「ふくらみ」の切らない治療に使われるのがヒアルロン酸です。ダウンタイムがほとんどなく手軽に受けられることが利点です。ヒアルロン酸治療によって希望した結果が得られなくても、時間がたてば分解されてなくなります。また、どうしても気になる場合にはタッチアップ(修正)が可能です。ヒアルロン酸治療のタッチアップについて説明します。

 

タッチアップの流れ

1.ヒアルロン酸を分解する「ヒアルロニダーゼ」を注射します。

2.注射後1~2週目にヒアルロニダーゼ注射の効果を判定します。

3.「くま」や「ふくらみ」の治療を希望される場合には治療のご提案をいたします。

 

 

ヒアルロニダーゼについて

「ヒアルロニダーゼ」はヒアルロン酸を分解する酵素です。

いくつかの製剤が販売されていますが、大きく分けるとウシやヒツジなど「動物由来」の製剤と、「ヒト由来」の製剤があります。

動物由来のヒアルロニダーゼは1アンプル当たりの容量が多く分解力も高いのですが、アレルギーの可能性があるため注射の前にアレルギー検査を行っています。

ヒト由来のヒアルロニダーゼ「Hylenex(ヒレネックス)」は、米国FDAで認可された製剤で、アレルギーが少なく安全性が高いと考えられています。アレルギーが心配な方や、安全性を気にされる方には「Hylenex(ヒレネックス)」をご案内しています。

 

ヒアルロニダーゼを150〜200単位(1〜1.5ml)を注射し、1−2週後に効果を判定します。ご希望に応じて追加の注射が可能です。ヒアルロニダーゼを注射すると、まわりに浸透してヒアルロン酸を分解するため、注入されているヒアルロン酸の一部分だけを分解することはできません。また、ヒアルロン酸が多い場合には、1回ですべてのヒアルロン酸が分解されない場合もあります。自分の体にもともとあるヒアルロン酸は、毎日大量に作られて分解されるというサイクルを繰り返しているため、ヒアルロニダーゼの注射でなくなってしまうことはありません。

 

 

《タッチアップの例》

■ヒアルロン酸が透けて見える

目の下の皮膚が薄い方ではヒアルロン酸が透けて見えることがあります。ヒアルロン酸自体は無色透明ですが、皮膚を通して見た場合に青白く見えるため、「青くま」のように見えてしまう場合があります。コンシーラーやファンデーションでカバーできるので、お化粧をすれば気にならないという方では問題ありませんが、普段はあまりメイクしないなどで気になる場合はタッチアップが可能です。

 

■目の下が全体に腫れぼったくなった

目の下のくまやふくらみをヒアルロン酸だけで治療するのには限界があります。くまやふくらみが多少残る程度をゴールに治療することをおすすめしています。注入量が多くなると、目の下が全体にふくれたような形になる場合がありますので、腫れぼったさが気になるようであればタッチアップを行います。

 

ヒアルロニダーゼによる治療のあと

注射後1−2週以降、目の下のくまやふくらみの治療を受けていただくことが可能です。再度ヒアルロン酸で治療する場合は前回より少ない量で、多少ふくらみやくまが残る程度にとどめることをおすすめします。また、手術治療では目の下のふくらみやたるみなど、気になる症状にあわせたオーダーメイドのプランニングをご提案いたします。腫れなどのダウンタイムが許容できる方では、より自然で若々しい目元を再現できる手術治療も良い選択です。

 

目の下のくま、ふくらみについて 詳しく見る

目の下のくま、ふくらみー手術以外の治療ー 詳しく見る

目の下のくま、ふくらみー手術ー 詳しく見る

 

 

治療にかかる費用

ヒアルロニダーゼ注射(ヒアルロン酸分解注射)

■Hyaluronidase(ヒアルロニダーゼ、ヒツジ由来、1アンプル1500単位) 
 60,000円(アレルギーテスト費用5,000円を含む)

■Hylenex(ヒレネックス、ヒト由来、1アンプル150単位)  
 60,000円

初診当日にヒアルロニダーゼ注射を希望される場合は、ご予約の際にお伝えください。

 

お問い合わせ・ご予約(診察の予約は電話受付のみ)

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.(木、日除く)

〈顔のクリニック金沢〉専用お問い合わせフォーム

ジュビダームビスタ®ボルベラ XC

ジュビダームビスタ®ボルベラ XC

 

6月3日に「ジュビダームビスタ®ボルベラXC」が日本でも発売されました。

 

やわらかくなじみが良いため唇や目元を若々しく整えることができる「長期間持続型」のヒアルロン酸です。北陸で最も早くアラガン・ジャパンが供給する「ジュビダームビスタ®ボリフト XC」正規品をお試しいただけます。

 

「顔のクリニック金沢」では、ヒアルロン酸治療を希望するすべての方に「プランシート」をおつくりしています。それぞれのヒアルロン酸製剤の特徴をご説明し、「最適なヒアルロン酸製剤」を選ぶお手伝いをいたします。また、すべてのヒアルロン酸の製品名をお示しし、実際に使用するヒアルロン酸をお手に取っていただいてから使用しています。

 

これまでご好評いただいている長持ちタイプのヒアルロン酸、「ボリューマ XC」「ボリフトXC」や「ボツリヌス治療」を組み合わせてお顔全体のしわ、たるみを改善させる「トータルフェイシャルトリートメント」のプランニングも可能ですのでご希望の方は予約の際にお問い合わせください。

 

 

 

・ジュビダームビスタ®ボルベラ(アラガン社)

唇、目のまわり(12カ月持続)

1本(1ml) 96,000円

 

・ジュビダームビスタ®ボリフト(アラガン社)

ほうれい線、マリオネットラインなど(12~18カ月持続)

1本(1ml) 96,000円

 

・ジュビダームビスタ®ボリューマ(アラガン社)

顎、頬、額、こめかみなど(約2年持続)

1本(1ml) 96,000円

 

・ボトックスビスタ®(アラガン社)

眉間、目尻などのしわ(約3〜4か月持続)

1か所  40,000円

※表示価格はすべて税抜き価格です(別途消費税がかかります)。

※プランシートの作成には別途費用はかかりません(診察料に含まれています)。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

ヒアルロン酸治療:クリニックについて

 

メスを使わない若返り治療のひとつに、ヒアルロン酸注射があります。以前は、お顔の細かなシワを目立たなくする使用法しかありませんでした。最近では、皮膚が衰えた部分に注入してお肌にハリを与えたり、特殊な場所に注入することでリフトアップ効果がだせる製品が登場しています。

 

アラガン・ジャパンの「ジュビダームビスタⓇボリューマXC」と「ジュビダームビスタⓇボリフトXC」は、新しいコンセプト「肌のハリ」「リフトアップ」に特化し、厚生労働省による製造販売認可を得た製品です。

 

 

製剤は専用のシリンジに「滅菌状態」で充填されており、より安全にご使用いただくため当院では1本のシリンジをそれぞれ患者様お一人おひとりに限定して使用しています。

治療前に、

・「ヒアルロン酸の製品名(どんなものをつかっているか)」

・使用するヒアルロン酸をご自身のためだけに使用しているかどうか

この2点の説明があるクリニックで治療を受けましょう。安全に、より効果的な治療を受けていただくために、ご自身が知っていなければならないことです。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

切らないまぶたのたるみ治療

まぶたのたるみの手術治療について当コラムで説明しましたが、手術以外にもたるみを改善させる方法があります。

 

切らないまぶたのたるみ治療

手術は非常にパワフルな治療なので腫れなどのダウンタイムがあるかわりに、効果もはっきりしています。反対に切らない治療は腫れなどがほとんど出ないかわりに効果もマイルドです。

今回ご紹介する方法は時間がたてばもとに戻る治療なので、たるみの程度がそれほどでもない方や、あまり目立った効果を期待しない方、まずはためしに何かしてみたいという方におすすめしています。

 

まぶたのたるみボトックス治療

写真左はボトックスを使った治療前、右は治療後の写真です。

どちらも笑ったときの目もとです。目尻のしわやたるみがとれて、わずかに眉じりが上がっているのがわかるでしょうか。

まぶたのたるみをとるボトックス治療では、目尻から眉尻にかけてボツリヌストキシンの豆注射を左右それぞれ3か所程度行います。

 

目尻のボトックス治療による3つの効果

①目尻のしわがとれる

②眉じりのリフトアップ効果

③目尻のたるみが減る

目尻のしわは「眼輪筋」という目の周りにある薄い円盤状の筋肉が動くことでできるのですが、笑ったときなどにはこの筋肉の力で眉じりや上まぶたの目尻あたりが下にひっぱられてたるみのように見えることがあります。すこしだけ筋肉の動きをゆるめてあげることで眉尻がリフトアップして、目尻のたるみもすっきりします。目尻だけの治療であれば表情が硬くなって不自然に見えることもありません。

「目尻のしわは笑いじわだから気にしてないの」といわれる方も多いのですが、治療を受けられるとしわだけでなくたるみの改善を実感され、とても喜ばれます。効果は4カ月から半年程度続きます。

 

※治療にかかる費用(税込)

初診料         ¥3,240

ボトックス(目尻) ¥43,200

再診料         ¥1,080(治療後1週間頃、治療効果の判定)

 

※治療等の主なリスク、副作用

注射部位の皮下出血斑(あざ)

 

 

 

ボトックス治療、よくある質問2

Q:ボトックス治療をうけたら左右違う目の形になってしまいました。

 

A:眉間や額のしわにボトックスを使うと筋肉の緊張がとれて眉が下がります。もともと眉を持ち上げるくせがある方では、目の形が変わります。また、まぶたのたるみがあれば眉が下がることで皮膚が垂れ下がって目にかぶさるため目が小さく見えることもあります。まぶたの形はもともと左右差があることが多いのですが、ボトックスを使うことでその左右差が目立ってしまう場合もあります。

 

対策:

①使うボトックスの量を減らす:

眉の下がりを最小限におさえることができます。ただし、しわが多少残ったり、早く元に戻ってしまう可能性があります。

 

②ボトックスの量や位置を調節する:

もともとまぶたの形や開具合に左右差がある場合、ボトックスを少量から始めて効果を見ながら足していくと、ちょうど良いバランスになる位置と量を見つけることができます。

 

③まぶたのたるみ治療を先に受ける:

まぶたのたるみが多く皮膚が目にかぶさっているような場合にはボトックス治療よりもたるみの治療を先に受けることをおすすめします。たるみの治療をすると自然に眉が下がって自然な顔立ちになることが多いためです。たるみの治療をしても眉を上げる癖が取れない場合にはたるみの治療後にもボトックスを使うことがあります。

 

1 / 212