自分の脂肪で顔のしわ、たるみ治療

 

・顔全体のたるみ、くぼみ、しわなどが気になる

・これまでにヒアルロン酸注入を繰り返し受けている

・「切る」フェイスリフトまでは抵抗があるがはっきりと目に見えた効果がほしい

 

このようなお悩みを解決してくれる治療法として、自分自身の脂肪を使った顔のしわ、たるみを治療法をがあるのをご存じでしょうか。

「脂肪注入」や「脂肪移植」といわれる治療法です。

 

 

 

この治療法は、病気やけがなどに対する治療としての歴史があり、40年以上前から美容医療にも応用されていますが、あまり知られていないように思います。

 

いまでは世界的に行われており米国では最近もっとも増えている美容外科手術の一つです。長い歴史に裏付けられ方法や安全性が確立された治療ですが、日本では保険適応となっていないため行っている施設はまだ多くありません。

 

 

美容外科先進国である米国のUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)から「脂肪注入」の技術を持ち帰り、現地と全く同じ方法を採用しています。

「UCLA式」では人工的な添加物などを一切加えないご自身の脂肪だけを精製して注入します。

 

 

精製した「脂肪」は顔のあらゆる場所に注入することができます。

 

・ほうれい線

・マリオネットライン(口角から下に向かうくぼみ)

・頬骨のしたのくぼみ

・頬の中央にある溝(いわゆるゴルゴライン)

・目の下のくぼみ

・頬のふくらみ

・こめかみ

・眉の上の骨のおうとつ

・額(丸みをだす、骨のおうとつを目立たなくするなど)

・唇

・目の上のくぼみ

・その他

 

顔のしわやたるみにつかう「ヒアルロン酸」とよく似ていますが、最大の違いはいったん定着すればなくならないということです。

 

自分自身の体からとったものを戻すので安全性が高いことや、自前の脂肪は材料費がかからないため注入する量によってはヒアルロン酸よりも費用がかからないことも大きなメリットです。

 

お顔のやわらかく若々しいシルエットを取り戻すだけでなく、肌にハリがでて自然な印象でくぼみやしわが目立たなくなります。

 

注意したいことは注入した脂肪の定着率が100%ではないことです。顔以外では50~80%程度、顔は血行がよいためもう少し定着率が高いといわれています。注入するときには多少減ることを見込んでちょうど良い形か、ごくわずかに多めになるようにします。かたまりやしこりにならないよう、細かくていねいに注入すること、顔の骨格、皮下脂肪の厚みや顔全体のバランスをみて注入する場所や量を決めることも大切なポイントです。

 

日帰り手術でかかる時間は1時間程度から、注入した部分には腫れやあざが出ることがありますが腫れは1週間程度で目立たなくなります。あざが出た場合はメイクでかくすこともでき、1週間から10日ほどでめだたなくなります。

 

治療の流れ

○術前の診察

問診と診察、写真を使った評価からプランシートを作成します。手術予約と手術前の検査を行います。

 

○脂肪注入

全身麻酔で脂肪注入を行います。おへその中を数㎜切開して下腹から皮下脂肪を吸引します。お腹に手術痕などがある場合は太ももから脂肪を吸引する場合もあります。吸引する量は注入量にあわせます。顔の脂肪注入に必要な量は多くても数10mlのため、お腹や太ももがやせて見えるほどの効果はありません。混入している血液などを取り除いて精製したものをお顔に注入します。当日は自宅安静をおすすめしています。

 

○術後の診察

術後5〜7日目に注入部位のチェックと抜糸を行います。

術後1か月、3か月、6か月に診察と写真撮影しお見せします。

治療の効果をご自身で確認いただけます。

 

料金

初診料(初回の診察、プランシート作成含む) 3,000円

術前検査(採血、レントゲン、心電図)    15,000円

基本料金(採取料)            240,000円

ひたい                  300,000円

こめかみ                  170,000円

目の上のくぼみ               70,000円

目の下のくま                70,000円

頬(頬骨の下のくぼみ、ゴルゴライン含む)  200,000円

ほうれい線                 70,000円

マリオネットライン             50,000円

唇                     50,000円

全顔(ひたい以外)             410,000円

全顔(ひたいを含む)           510,000円

全身麻酔(麻酔科専門医による)      150,000円

※手術費用には薬剤費、材料費、術後半年目までの再診料が含まれます。

※2回目以降は基本料金以外20%割引となります。

※2019年12月に費用の改定を行いました。上記は改訂後の料金です。

※表記料金に消費税を加算させていただきます。

 

●リスク・副作用・合併症

・内出血や腫れ

・妊活・妊娠・授乳中の方への施術不可

・出血・血腫

・長期的に注入部位の硬結・石灰化・嚢胞形成・脂肪吸収

 

 

※2017年に日本形成外科学会が発表した、適正に脂肪注入を行うための基準に準じて脂肪注入治療を行っています。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

 

フェイスリフト、よくある質問

Q:フェイスリフトにはどんな方法がありますか?

A:顔のクリニック金沢ではフェイスリフトの術式として「MACSlift」と「SMASectomy」を採用しています。メスを使ったフェイスリフトにはたくさんの方法があります。どのような方法で行うかも大切なことですが、まずはご自身の気になる部分やどのようになりたいかを詳しく担当医にお伝えください。また、フェイスリフトの方法については下記の記事もご参照ください。

「最も良いフェイスリフト」の選び方

 

Q:フェイスリフトではどこを切開しますか?傷跡が心配です。

A:基本的に耳のくぼみのラインなどに沿って曲線状に切開します。もみあげやうなじは皮膚のたるみ具合にあわせて切開ラインを変えています。丁寧に縫合したフェイスリフトの傷跡は髪を上げても目立たないよう工夫されています。術後も髪をアップにした和装、スイミングやゴルフなど各種スポーツ、温泉なども傷あとを気にせず楽しんでいただけます。

 

Q:フェイスリフトにはどのくらい時間がかかりますか?

A:SMASの処理を行うフェイスリフトの手術には3-6時間かかります。健康上の支障がなく全身麻酔が受けられる方であれば、寝ている間に手術が終わる全身麻酔が良い選択です。安心して手術を受けていただくため、麻酔の担当者には麻酔科専門医をご指名ください。

 

Q:ほかにも気になるところがあります。一緒に治療できますか?

A:全身麻酔でおこなうフェイスリフトと同時に受けられる若返り治療があります。同時に行っても結果に影響のない手術であれば、ダウンタイムを一度で済ませられることが大きなメリットになります。ご自身に最適なオプションについても担当医に確認してください。

 

フェイスリフトと同時に受けられる治療

①上まぶたのリフトアップ

②目尻のしわ治療

③目の下のくまやふくらみの治療

④あごやフェイスラインの脂肪吸引

⑤首の縦じわの治療

⑥顔の脂肪移植(ほうれい線、マリオネットライン、頬、こめかみ、額など)

⑦顔のいぼやほくろの除去

 

《フェイスリフトを考えている方へ》

フェイスリフトはオーダーメイド手術です。フェイスリフトを考えている方には気になるところやご希望をお聞きしたうえで、お顔の状態を診察し、お一人おひとりプランシートを作成しています。

医師からすすめられる治療と、ご自身が気になっているところが一致しない場合があります。美容外科手術では多くの場合、ご自身が気になるところを優先したほうが満足度が高くなる場合もあります。少しでも気になるところがあれば遠慮なく申し出てください。治療の結果に満足して、喜んでいただくためにとても重要なポイントです。

 

フェイスリフトのご相談

初診料 3,000円(プランシートの作成を含む)

 

お問い合わせ・ご予約(診察の予約はお電話でお願いしています)

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.(木、日除く)

〈顔のクリニック金沢〉専用お問い合わせフォーム

「最も良いフェイスリフト」の選び方

 

フェイスリフトとは

 

「フェイスリフト」は顔のリフトアップ治療です。

 

主にメスを使った切る治療を指しますが、最近は切らないリフトアップ治療もさかんに行われています。100年以上前から行われているフェイスリフト歴史と選び方について説明します。

 

 

創生期

 

20世紀のはじめに最初のフェイスリフトがおこなわれました。

 

方法は単純に耳の前やもみあげなどを切開して皮膚を引っ張るというものでした。しかし、皮膚を引っ張るだけでは効果が続かないばかりか、傷跡やひきつったような変形が目立ち自然な若返りには全く向かないことがわかってきました。

 

多くの美容形成外科医がこの点を強調しています。

“skin is intended to serve a covering function, not supporting one” Timothy J. Marten, 1997

「皮膚は表面を覆うもので支えているものではありません」

 

このように欠点ばかりで決して受けた方に満足していただけることのない「皮膚のみ」のフェイスリフトですが、残念ながら日本でも「1-2時間で終わりあまり腫れない」「費用が手頃」といった謳い文句で「プチ」フェイスリフトとしてごく最近まで行われていたようです。

 

SMASを使ったフェイスリフト

 

70年代に「顔の筋膜」を使ったフェイスリフトが開発されました。

 

表情筋とつながっている筋膜「SMAS(スマス)」を利用した術式です。SMASは皮下脂肪の下にあるしっかりした膜で、これを引き上げることでたるみやしわを改善させることができます。

SMASを引き上げたことで余った皮膚だけを切除します。耳の曲線に沿って切開すれば目立つ傷跡や変形の心配はありません。SMASに糸をかけて引き上げる「SMASリフト」「MACS lift」などが今も行われています。SMASの上での剝離、引き上げと皮膚の切除、縫合などで3〜4時間かかります。40代〜50代前半でフェイスラインの軽いたるみに適した方法です。

 

 

複雑な術式

 

80年代には、ほうれい線をさらに改善させるため多くの工夫が取り入れられました。

 

SMASを広い範囲で剝離したりSMASの裏側を剝離する方法、リガメント(靱帯)を広範囲に切る方法、さらに深い骨の上まで剝離する方法などがあります。「リガメント法」「deep plane」などと呼ばれています。ほうれい線をパワフルに引き上げることができますが、顔面神経の近くをさわるため神経損傷のリスクがあることや繰り返し行えないことが欠点です。

 

 

現代の標準術式

 

90年代にSMASを切除し引き上げる「lateral SMASectomy」が考案され、安全で効果的な方法として普及しました。

 

SMASを顔面神経のない安全なところで切除して引き上げるシンプルな方法です。長持ちすること、10年くらいのスパンで繰り返し受けられること、顔面神経を傷つける可能性が低いことなど利点が多いため、今では世界中で多くの美容外科医が採用しています。

 

SMASの上での剝離と切除、引き上げと皮膚の切除、縫合などで5-6時間かかります。上記の「複雑な術式」ほどほうれい線にリフトアップ効果が及びにくいのが欠点ですが、これを補うため同時に行われるようになったのが「脂肪移植」です。失われた顔のボリュームを補うことで自然な若々しいフェイスラインを取り戻します(Lift-and-fill face lift、引き上げと注入によるフェイスリフト)。

 

 

切らないリフトアップ

 

21世紀入ると切らないリフトアップ治療が脚光を浴びます。

 

最も手軽に受けられるリフトアップは注射による治療です。「ヒアルロン酸」や「ボトックス」を使います。ごく軽いたるみには効果があり、腫れなどのダウンタイムが短いかほとんどないこと、変化がマイルドなため治療を受けたことに気付かれにくいことが利点です。

糸をつかったリフトアップ「スレッドリフト」もアジア圏を中心に行われています。溶ける糸、溶けない糸、糸の入れ方など非常に多くの方法がありますが、効果や持続性についてはまだはっきりした結論が出ていないようです。

機械を使ったリフトアップ治療には、皮膚をターゲットにラジオ波をあてる「RF」と、SMASをターゲットに超音波で顔をリフトアップする「HIFU(ハイフ)」があります。効果は手術におよびませんが、軽いたるみに有効といわれています。多くの機種があるなかでも米国行政機関(FDA)が「安全でリフトアップ効果がある」と認めているのがRFの「サーマクール」と、HIFUの「ウルセラ(下図)」です。機械をつかったリフトアップ治療はダウンタイムがなく、すぐにメイクできることも大きなメリットです。

 

最も良いフェイスリフト

 

それぞれに長所短所があり「最も良いフェイスリフト」を一つに決めることはできません。多くの方法のなかからぜひご自身に合う方法を選んでください。

 

自然で元気に若々しく見えるフェイスラインを取り戻し喜んでいただくために、まずご自身の気になっているところをしっかり担当医にお伝えください。治療法についての提案を受けたら、それぞれの治療法についてダウンタイムの長さや程度、効果や持続期間などをよく確認し、あなたにとっての「最も良いフェイスリフト」を選んでください。

 

「顔のクリニック金沢」ご相談、問い合わせフォーム