自分の脂肪で顔のしわ、たるみ治療

 

・顔全体のたるみ、くぼみ、しわなどが気になる

・これまでにヒアルロン酸注入を繰り返し受けている

・「切る」フェイスリフトまでは抵抗があるがはっきりと目に見えた効果がほしい

 

このようなお悩みを解決してくれる治療法として、自分自身の脂肪を使った顔のしわ、たるみを治療法をがあるのをご存じでしょうか。

「脂肪注入」や「脂肪移植」といわれる治療法です。

 

 

 

この治療法は、病気やけがなどに対する治療としての歴史があり、40年以上前から美容医療にも応用されていますが、あまり知られていないように思います。

 

いまでは世界的に行われており米国では最近もっとも増えている美容外科手術の一つです。長い歴史に裏付けられ方法や安全性が確立された治療ですが、日本では保険適応となっていないため行っている施設はまだ多くありません。

 

 

美容外科先進国である米国のUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)から「脂肪注入」の技術を持ち帰り、現地と全く同じ方法を採用しています。

「UCLA式」では人工的な添加物などを一切加えないご自身の脂肪だけを精製して注入します。

 

 

精製した「脂肪」は顔のあらゆる場所に注入することができます。

 

・ほうれい線

・マリオネットライン(口角から下に向かうくぼみ)

・頬骨のしたのくぼみ

・頬の中央にある溝(いわゆるゴルゴライン)

・目の下のくぼみ

・頬のふくらみ

・こめかみ

・眉の上の骨のおうとつ

・額(丸みをだす、骨のおうとつを目立たなくするなど)

・唇

・目の上のくぼみ

・その他

 

顔のしわやたるみにつかう「ヒアルロン酸」とよく似ていますが、最大の違いはいったん定着すればなくならないということです。

 

自分自身の体からとったものを戻すので安全性が高いことや、自前の脂肪は材料費がかからないため注入する量によってはヒアルロン酸よりも費用がかからないことも大きなメリットです。

 

お顔のやわらかく若々しいシルエットを取り戻すだけでなく、肌にハリがでて自然な印象でくぼみやしわが目立たなくなります。

 

注意したいことは注入した脂肪の定着率が100%ではないことです。顔以外では50~80%程度、顔は血行がよいためもう少し定着率が高いといわれています。注入するときには多少減ることを見込んでちょうど良い形か、ごくわずかに多めになるようにします。かたまりやしこりにならないよう、細かくていねいに注入すること、顔の骨格、皮下脂肪の厚みや顔全体のバランスをみて注入する場所や量を決めることも大切なポイントです。

 

日帰り手術でかかる時間は1時間程度から、注入した部分には腫れやあざが出ることがありますが腫れは1週間程度で目立たなくなります。あざが出た場合はメイクでかくすこともでき、1週間から10日ほどでめだたなくなります。

 

治療の流れ

○術前の診察

問診と診察、写真を使った評価からプランシートを作成します。手術予約と手術前の検査を行います。

 

○脂肪注入

全身麻酔で脂肪注入を行います。おへその中を数㎜切開して下腹から皮下脂肪を吸引します。お腹に手術痕などがある場合は太ももから脂肪を吸引する場合もあります。吸引する量は注入量にあわせます。顔の脂肪注入に必要な量は多くても数10mlのため、お腹や太ももがやせて見えるほどの効果はありません。混入している血液などを取り除いて精製したものをお顔に注入します。当日は自宅安静をおすすめしています。

 

○術後の診察

術後5〜7日目に注入部位のチェックと抜糸を行います。

術後1か月、3か月、6か月に診察と写真撮影しお見せします。

治療の効果をご自身で確認いただけます。

 

料金

初診料(初回の診察、プランシート作成含む) 3,000円

術前検査(採血、レントゲン、心電図)    15,000円

基本料金(採取料)            240,000円

ひたい                  300,000円

こめかみ                  170,000円

目の上のくぼみ               70,000円

目の下のくま                70,000円

頬(頬骨の下のくぼみ、ゴルゴライン含む)  200,000円

ほうれい線                 70,000円

マリオネットライン             50,000円

唇                     50,000円

全顔(ひたい以外)             410,000円

全顔(ひたいを含む)           510,000円

全身麻酔(麻酔科専門医による)      150,000円

※手術費用には薬剤費、材料費、術後半年目までの再診料が含まれます。

※2回目以降は基本料金以外20%割引となります。

※2019年12月に費用の改定を行いました。上記は改訂後の料金です。

※表記料金に消費税を加算させていただきます。

 

●リスク・副作用・合併症

・内出血や腫れ

・妊活・妊娠・授乳中の方への施術不可

・出血・血腫

・長期的に注入部位の硬結・石灰化・嚢胞形成・脂肪吸収

 

 

※2017年に日本形成外科学会が発表した、適正に脂肪注入を行うための基準に準じて脂肪注入治療を行っています。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

 

目の下のヒアルロン酸とタッチアップ

 

目の下の「くま」や「ふくらみ」の切らない治療に使われるのがヒアルロン酸です。ダウンタイムがほとんどなく手軽に受けられることが利点です。ヒアルロン酸治療によって希望した結果が得られなくても、時間がたてば分解されてなくなります。また、どうしても気になる場合にはタッチアップ(修正)が可能です。ヒアルロン酸治療のタッチアップについて説明します。

 

タッチアップの流れ

1.ヒアルロン酸を分解する「ヒアルロニダーゼ」を注射します。

2.注射後1~2週目にヒアルロニダーゼ注射の効果を判定します。

3.「くま」や「ふくらみ」の治療を希望される場合には治療のご提案をいたします。

 

 

ヒアルロニダーゼについて

「ヒアルロニダーゼ」はヒアルロン酸を分解する酵素です。

いくつかの製剤が販売されていますが、大きく分けるとウシやヒツジなど「動物由来」の製剤と、「ヒト由来」の製剤があります。

動物由来のヒアルロニダーゼは1アンプル当たりの容量が多く分解力も高いのですが、アレルギーの可能性があるため注射の前にアレルギー検査を行っています。

ヒト由来のヒアルロニダーゼ「Hylenex(ヒレネックス)」は、米国FDAで認可された製剤で、アレルギーが少なく安全性が高いと考えられています。アレルギーが心配な方や、安全性を気にされる方には「Hylenex(ヒレネックス)」をご案内しています。

 

ヒアルロニダーゼを150〜200単位(1〜1.5ml)を注射し、1−2週後に効果を判定します。ご希望に応じて追加の注射が可能です。ヒアルロニダーゼを注射すると、まわりに浸透してヒアルロン酸を分解するため、注入されているヒアルロン酸の一部分だけを分解することはできません。また、ヒアルロン酸が多い場合には、1回ですべてのヒアルロン酸が分解されない場合もあります。自分の体にもともとあるヒアルロン酸は、毎日大量に作られて分解されるというサイクルを繰り返しているため、ヒアルロニダーゼの注射でなくなってしまうことはありません。

 

 

《タッチアップの例》

■ヒアルロン酸が透けて見える

目の下の皮膚が薄い方ではヒアルロン酸が透けて見えることがあります。ヒアルロン酸自体は無色透明ですが、皮膚を通して見た場合に青白く見えるため、「青くま」のように見えてしまう場合があります。コンシーラーやファンデーションでカバーできるので、お化粧をすれば気にならないという方では問題ありませんが、普段はあまりメイクしないなどで気になる場合はタッチアップが可能です。

 

■目の下が全体に腫れぼったくなった

目の下のくまやふくらみをヒアルロン酸だけで治療するのには限界があります。くまやふくらみが多少残る程度をゴールに治療することをおすすめしています。注入量が多くなると、目の下が全体にふくれたような形になる場合がありますので、腫れぼったさが気になるようであればタッチアップを行います。

 

ヒアルロニダーゼによる治療のあと

注射後1−2週以降、目の下のくまやふくらみの治療を受けていただくことが可能です。再度ヒアルロン酸で治療する場合は前回より少ない量で、多少ふくらみやくまが残る程度にとどめることをおすすめします。また、手術治療では目の下のふくらみやたるみなど、気になる症状にあわせたオーダーメイドのプランニングをご提案いたします。腫れなどのダウンタイムが許容できる方では、より自然で若々しい目元を再現できる手術治療も良い選択です。

 

目の下のくま、ふくらみについて 詳しく見る

目の下のくま、ふくらみー手術以外の治療ー 詳しく見る

目の下のくま、ふくらみー手術ー 詳しく見る

 

 

治療にかかる費用

ヒアルロニダーゼ注射(ヒアルロン酸分解注射)

■Hyaluronidase(ヒアルロニダーゼ、ヒツジ由来、1アンプル1500単位) 
 60,000円(アレルギーテスト費用5,000円を含む)

■Hylenex(ヒレネックス、ヒト由来、1アンプル150単位)  
 60,000円

初診当日にヒアルロニダーゼ注射を希望される場合は、ご予約の際にお伝えください。

 

お問い合わせ・ご予約(診察の予約は電話受付のみ)

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.(木、日除く)

〈顔のクリニック金沢〉専用お問い合わせフォーム

ジュビダームビスタ®ボルベラ XC

ジュビダームビスタ®ボルベラ XC

 

6月3日に「ジュビダームビスタ®ボルベラXC」が日本でも発売されました。

 

やわらかくなじみが良いため唇や目元を若々しく整えることができる「長期間持続型」のヒアルロン酸です。北陸で最も早くアラガン・ジャパンが供給する「ジュビダームビスタ®ボリフト XC」正規品をお試しいただけます。

 

「顔のクリニック金沢」では、ヒアルロン酸治療を希望するすべての方に「プランシート」をおつくりしています。それぞれのヒアルロン酸製剤の特徴をご説明し、「最適なヒアルロン酸製剤」を選ぶお手伝いをいたします。また、すべてのヒアルロン酸の製品名をお示しし、実際に使用するヒアルロン酸をお手に取っていただいてから使用しています。

 

これまでご好評いただいている長持ちタイプのヒアルロン酸、「ボリューマ XC」「ボリフトXC」や「ボツリヌス治療」を組み合わせてお顔全体のしわ、たるみを改善させる「トータルフェイシャルトリートメント」のプランニングも可能ですのでご希望の方は予約の際にお問い合わせください。

 

 

 

・ジュビダームビスタ®ボルベラ(アラガン社)

唇、目のまわり(12カ月持続)

1本(1ml) 96,000円

 

・ジュビダームビスタ®ボリフト(アラガン社)

ほうれい線、マリオネットラインなど(12~18カ月持続)

1本(1ml) 96,000円

 

・ジュビダームビスタ®ボリューマ(アラガン社)

顎、頬、額、こめかみなど(約2年持続)

1本(1ml) 96,000円

 

・ボトックスビスタ®(アラガン社)

眉間、目尻などのしわ(約3〜4か月持続)

1か所  40,000円

※表示価格はすべて税抜き価格です(別途消費税がかかります)。

※プランシートの作成には別途費用はかかりません(診察料に含まれています)。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

目の下のくま・たるみーよくある質問ー

Q1.目の下のくまは治療できますか?

はい、目の下のくまは治療ができます。いくつかの治療法がありますので、ご希望に応じて選んでいただくことができます。

 

Q2.どんな治療方法がありますか?

くまのタイプによってそれぞれに合った治療があります。

①茶くま
色素沈着が原因です。ライトを正面からあててもうす茶色の「くま」が見えればこのタイプです。

治療:マッサージやアレルギーなどで目の周りをよくこする習慣がある方に多いくまですが、もともとの肌質や女性ホルモンの変化も影響します。保湿などのスキンケアや、目もとをこすらないようにするだけでもある程度改善しますが、「ビタミンC」や「トランサミン」などの飲み薬、「トレチノイン」や「ハイドロキノン」などの塗り薬を処方することもあります。

 

②影くま

目元の脂肪のふくらみが原因です。上からの照明が当たっていると目立つのですが、ライトを正面からあてたり、上を向いて鏡を見ると目立たなくなるのが特徴です。凹凸があるのでコンシーラーなどで隠すことが難しいくまです。

治療:「ハムラ法」という手術方法で治療します。脂肪のふくらみを適量とりのぞき、脂肪の一部をふくらみの下にある溝の部分に移動させて目立たなくします。皮膚を切らない方法では、下まぶたの裏から治療を行うため、術後の傷跡を心配することなく受けることができます。また、症状が軽い場合や手術に抵抗がある場合には「ヒアルロン酸注射」でくぼみを目立たなくすることも可能です。

 

③青くま

血管や筋肉が透けて赤紫っぽく見えます。体調によって色味や濃さが変わります。色白で皮膚や皮下脂肪がうすい方、血行不良がある方では目立ちやすい「くま」です。

治療:規則正しい生活習慣や運動など、血行不良の改善が第一です。皮下に薄く「脂肪移植」して青みを目立たなくすることも可能です。

 

Q3.保険適応になりますか?

目の下のくまは健康上の支障がない場合が多いため保険適応にはなりません。当院では自由診療で治療を行っています。

 

Q4.80代ですが治療を受けたいと思っています。

年齢によって治療が制限されることはありません。注射や手術の治療では年齢にかかわらず高血圧などの持病のある方や、血液をさらさらにする抗血小板薬(バイアスピリンなど)や抗凝固薬(ワーファリンなど)を内服されている方では治療後にあざ、腫れなどが出やすいことがありますので、内科などできちんと治療を受けていることや、血液をさらさらにする薬を中止できることなどの条件があります。

 

Q5.治療の費用は?

・ビタミンC+トランサミン内服

¥1000(30日分)

 

・トレチノイン+ハイドロキノン

¥17,280~

 

・ハムラ法による下眼瞼形成術

局所麻酔の場合・・・¥495,720(初診料・検査料・麻酔費・手術費・薬剤費・再診料含む)
全身麻酔の場合・・・¥667,440(初診料・検査料・麻酔費・手術費・薬剤費・再診料含む)

症状に合わせて手術の内容が変わります。手術の内容に合わせて全身麻酔、局所麻酔どちらかを選択していますので、ご自身の症状の場合どちらが向いているか診察の際にご確認ください。

 

・ヒアルロン酸(バギーアイトリートメント)

テオシアルピュアセンスリデンシティⅡ 1本(1ml)+ジュビダームビスタボリューマ1本(1ml)

¥183,600(初診料・表面麻酔・薬剤費・手技量含む)

 

・下まぶたの脂肪移植

全身麻酔の場合・・・¥505,440(初診料・検査料・麻酔費・手術費・薬剤費・再診料含む)

脂肪移植は全身麻酔で受けられることをおすすめいたします。

上記の費用はすべて税込みです。その他の費用については料金表をご参照ください。

 

目の下のくま、ふくらみ – 手術

前回手術以外の治療について説明しましたが、今回は手術による目の下のくま、たるみの治療についてくわしく説明します。

 

目のまわりにある脂肪(眼窩脂肪、下の図で黄色の部分)がせり出すことで目立ってくる「目の下のくま」「目の下のふくらみ」「目の下のたるみ」を解消するための「4つの方法」があります。

 

今の状態、希望する結果、受け入れられるダウンタイムに合わせて治療方法を選んでください。

 

 

①目のまわりの脂肪を切除する「眼窩脂肪切除」

ふくらみの原因となっている目のまわりにある脂肪(眼窩脂肪)を切除します。「脱脂術」などとも呼ばれている方法です。

 

骨格と眼窩脂肪の量のバランスが合っていないため眼窩脂肪がせり出して、若いころから目の下がふくれて見えている方、下まぶたの皮膚に充分な「ハリ」があって、若々しい頬の脂肪のふくらみが十分保たれている方が対象です。

 

皮膚を切らずに下まぶたの結膜(まぶたの裏側)側から脂肪を切除する「経結膜法」であれば、傷や縫った糸などが気にならずダウンタイムも短いのが利点です。皮膚の「ハリ」が低下していたり、ふくらみの下の皮下脂肪のボリュームが足りない方では、くまを目立たなくするまで脂肪を切除すると目の下がくぼんで見えることがあるため注意が必要です。

局所麻酔でも可能ですが、眼球を保護する不透明なコンタクトレンズを入れた状態で手術しますので、不安な方には静脈麻酔(点滴でぼーっとしている間に手術する方法)や、全身麻酔でも受けていただくことができます。

 

②目のまわりの脂肪を移動させる「経皮下眼瞼形成術」

皮膚にハリがない場合や、頬のふくらみが足りない方では、目の下のふくらみが目立たなくなるまで脂肪を取ると目の下がくぼんでしまいます。有名な形成外科医のDr.Hamraは、単に脂肪を切除するだけではいかにも「手術をおこなった」ような変形が生じることに気がつき、「眼窩脂肪を移動する」という術式を開発しました(Hamra 1995年)。現在でも「ハムラ法」としてよく知られており、「眼窩脂肪移動術」「脂肪再配置」などと呼ばれることもあります。

下まつげのきわを切開して脂肪を移動させます。同時にたるんだ皮膚を切除したり、目のまわりの筋肉(眼輪筋)のたるみを取ります。まつげ際の傷あとは、あまり目立ちません。単なる「皮膚の切除」や「脂肪の切除」だけでは得られない、若々しい下まぶたの形を再現できる方法です。

この手術は局所麻酔、全身麻酔どちらでも可能です。

 

 

③まぶたの裏側から脂肪を移動させる「経結膜下眼瞼形成術」

「眼窩脂肪の移動」は結膜の切開からも行うことができます(Kawamoto, 2003年)。皮膚のたるみがないため皮膚を切除したりや筋肉のたるみをとる必要がない方が対象です。「裏ハムラ」などとも呼ばれる術式で、ダウンタイムが短く、ハムラ法でごくまれにおこる下まぶたの外反(下まぶたが外向きになりまぶたが閉じにくくなる)が起こりにくいといわれています。日本人の場合、術後にtear trough変形と呼ばれる下まぶた内側にある溝状のくぼみが残りやすいとされています。

最近の研究で、tear trough変形の原因のひとつが皮膚と骨の間にある「靱帯(tear trough ligament)」であることがわかってきました。tear trougn変形が目立つ場合には、この靱帯を切り離したり、靱帯の部分に脂肪を移植する方法も行われ、アジア人でも良い結果が報告されています(Wong, 2017年)。

 

この手術も眼球を保護する不透明なコンタクトレンズを入れた状態で行います。単なる脂肪の切除に比べると時間がかかり(片側1時間程度)、手術の及ぶ範囲も広くなるため全身麻酔をおすすめしています。

 

④脂肪移植

自分自身の脂肪による「脂肪移植」でもヒアルロン酸注入と同様にふくらみを目立たなくする効果が得られます。特に頬の内側(目頭から1〜2㎝下の方)の脂肪は年齢を重ねると重力により下がっていくため、この部分を触れるとすぐに硬い骨が触れるような方では、脂肪などの注入治療が効果的です。

 

下腹部などから細い専用のカニューレを使って脂肪を採取し、これを精製してふくらませたい部分に移植します。この方法の欠点は①数ヶ月から半年かけて移植した脂肪の一部が吸収されること、②一度に移植できる量に限界があるため2回以上の治療が必要になることです。ただし、効果を持続させるために繰り返し注射を受ける必要のあるヒアルロン酸と比べると、①脂肪がいったん生着すればその後はあまり変化しないないこと、②ヒアルロン酸のように色が透けて見えることがないこと、③より自然な形に仕上がることは大きな利点です。

 

眼窩脂肪を移動させる「下眼瞼形成術」など他の治療に脂肪移植を組み合わせることもできます。目の下のくまやふくらみだけでなく、頬のくぼみ(mid cheek groove、いわゆるゴルゴ線)をカモフラージュしたり、頬のボリューム不足を補い、下がっている頬のふくらみのピークを上にもってくることで若々しい輪郭を取り戻したい方には良い選択です。

 

脂肪移植術を受けられる方には、局所麻酔薬の量が少なくてすむこと、注入後の形を術中正確に評価できること、眠っている間に手術が終わるため痛みや不安がないことなど、多くの利点がある全身麻酔での手術をおすすめしています。

 

目の下のくま、たるみーよくある質問  詳しく見る

1 / 212