口元、輪郭治療:よくある質問 FAQ

 

Q:健康保険は使えますか?

A:2つの条件がそろえば健康保険を使って治療を受けることができます。

①かみ合わせの異常がある

②手術の前に装置を付けて歯の矯正をする(決められた装置のみ)

そのほか、下記にあてはまる方では健康保険が使えません。

・舌側矯正(裏側矯正)器具など特殊な装置を使って矯正する

・口元全体が出ているがかみ合わせは問題ない

・歯肉が見えるガミースマイルがあるが噛み合わせは問題ない

・不正咬合があっても術前矯正を行わない(サージェリーファースト法)

・歯科矯正治療が終了している

ご自身のかみ合わせに問題があるか診断を希望される場合はご来院ください。

 

Q:入院は必要ですか?

A:上下顎骨切り術(ルフォーⅠ型骨切り術+下顎枝矢状分割骨切り術)は入院が必要です(提携医療機関で治療を行っています)。下顎だけの輪郭を整える手術では入院は必要ありません。

 

Q:手術のあと顎間固定をしますか?

A:上顎と下顎をかみ合わせた状態で固定する「顎間固定」はおこないません。安静のため、食事のとき以外やわらかい輪ゴムを使って軽く固定することがあります。

 

Q:腫れはどれくらいで引きますか?

A:腫れのピークは、術後2日目です。それ以降、少しずつ腫れは引いていきます。2週間で8割ほどの腫れがひいた程度になります。すこしむくんだように見えますが、違和感がない程度です。完全に腫れが引くまでは、2-3ヶ月かかります。

 

Q:いつから食事ができますか?

A:上下顎骨切り術以外の手術では、当日から食事ができます。上下顎骨切り術の場合は翌日から食事ができます。柔らかいものからはじめて少しづつ形のあるものも食べられるようになります。かたいお肉などは、6週間ほど避けてください。

 

Q:プレートはそのままですか?

A:体に長く入っていても問題ないチタンプレートですので、そのままでもかまいません。除去を希望される場合は8ヶ月以降であれば可能です。全身麻酔の手術ですが、日帰りで受けることができます。

 

Q:遠方から診察に行きたいと思っていますが大丈夫でしょうか?

A:レントゲンやCTの検査結果を持ってきていただければ、当日に診断やおおよその治療方針まではご提案できます。必要な検査項目については予約の際にご説明いたします。

 

Q:矯正治療はどこで行いますか?

矯正治療は提携している歯科医院で受けていただいています。遠方の歯科医院との提携も可能ですのでご相談ください。

 

お問い合わせ・ご予約(診察の予約は電話受付のみ)

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.(木、日除く)

〈顔のクリニック金沢〉専用お問い合わせフォーム

顎変形症で手術を受ける理由

顎変形症で手術を受ける理由

歯科矯正治療の進歩により、手術を受けなければ噛み合わせがあわないという方は今後ますます減少することでしょう。「噛み合わせをあわせるためだけの手術」は必要なくなりますし、それはそれで喜ばしいことです。

顎骨手術には、「歯科矯正治療」あるいは「噛み合わせをあわせるだけの手術」ではけっして得られることのない多くのメリットがあります。

その一つが「顔の見た目の改善」です。

 

顎骨手術による「顔の見た目の改善」

顎変形症治療で当院を受診される方の多くが、実は「以前に歯科矯正治療を受けていた」あるいは「外科手術を受けた」方々です。ご自身が治療を希望した「悩み」と歯科矯正あるいは手術治療の「治療ゴール」が共有されることなく、その結果、

 

「噛み合わせはあったけど何となく下顎の前突感が残っている」

 

「歯は綺麗にそろったけど口元全体の突出が残っている」

 

とお悩みの方はけっして少なくありません。

噛み合わせの治療が終了後も種々の整容的悩みをお持ちの方は、どうぞ当院でご相談下さい

口元の基準 incisal show

「incisal show」

顎骨の手術で上顎の位置を決定する際に最も重要視するのが「incisal show」(インサイザルショウ、上顎の歯牙露出度)です。唇の力を抜いたときに正面から見える切歯(前歯)の量を「incisal show at rest」といい、大きく笑ったときのものは「incisal show at smile」といいます。適切な日本語訳は今のところありません。

 

顎骨手術のうち、上顎の位置を変更する術式を「Le Fort I型骨切り術」といいます。見た目を考慮した手術で小顔を希望される方の中には、「Le Fort I型骨切り術」で上顎を何mm短くして欲しいとオーダーされることがあります。その場合、顔を1cm小さくしたい場合は上顎を1cm短くすればよいのでしょうか?

 

上顎を短縮する際に目安とするのが「incisal show」です。「incisal show at rest」の理想値は男性では2mm程度、女性ではもう少し大きく4mm程度といわれています。この値が小さくなると唇の力を抜いた自然な状態で歯が見えなくなり、男女ともに表情から若々しさが失われてしまいます。反対にこの値が大きい場合、特に男性では実年齢よりも若く見えすぎてしまいます(女性の歯牙露出が若々しく時にエレガントさも演出するのに対し、男性の過剰な歯牙露出は何となく軽くあるいは幼く見えてしまう原因になります)。手術による上顎の短縮量はこの「incisal show」 を適正化することで決定されます。

 

 

「incisal show at smile」

笑ったときの歯牙露出度「incisal show at smile」は、男性女性ともに「full crown」(切歯がすべて見える状態)が望ましいとされます。「incisal show at smile」の値が大きくなると、歯肉が見えすぎる「gummy smile(ガミースマイル)」と呼ばれ、その程度によっては個性の強い口元の見た目を呈します。過度な「gummy smile」に対しても「Le Fort I型骨切り術」による上顎の短縮が有効です。

 

 

「gummy smile」

では、安静時の歯牙露出度が適正であるのに、笑ったときの「gummy smile」があるときはどうすればよいのでしょうか? この場合、さらなる上顎の短縮はあまりおすすめしません。軽度の「gummy smile」は許容するかあるいはボトックス治療などの切らない治療方法が第一選択となります。年齢をかさねると骨格の萎縮により顔の皮膚軟部組織は多かれ少なかれ下垂します。いつまでも若々しさを保ちたいのであれば「incisal show」を考慮しない上顎の切りすぎは避けるのが無難です。

 

答え:多くの方にとって1cmは切りすぎです。

健康的な口元について

 

日本ではポートレイト写真に写る際には難しい表情で口を一文字に閉じるのが一般的でした。手で口もとを隠すようにして笑うくせのある方もときどき見かけます。このように人前で歯を見せて笑う文化のなかった日本では、欧米のように「歯の見え方」にこだわり「いかに健康的な口元を演出するか」といった考え方はあまりされてきませんでした。同じ考え方から外科矯正治療でも、「かみ合わせをあわせること」だけを目的として手術が行われてきました。

 

口元の健康と整容性に対する意識の向上もあいまって、現代の外科矯正には「かみ合わせだけ」の治療から「かみ合わせを含む顔の表情」の治療であることが求められています。これまでのレントゲン解析だけに依存したプランニングでは自ずと限界があります。レントゲンには写らない顔全体のバランスをみる必要があるからです。

 

矯正治療では「かみ合わせが合っているから」「単なる見た目の問題だから」という理由で手術による治療を提案されないことがあります。健康保険による顎変形症手術では、「かみ合わせがあっている場合には手術をしない」というルールがあるからです。かみ合わせだけを整えるのであればそれでもいいのかもしれませんが、かみ合わせだけでなく口元やあごの突出感、あご先の後退感、笑ったときに前歯の歯肉が見えすぎる「gummy smile」などで悩んでいる方にとっても手術による顎骨の治療は選択肢であるべきです。

顎変形症とダウンタイム

顎変形症の治療で気になる3つの悩み

 

①歯科矯正の装置が目立ってイヤ

思春期の患者さんがよく気にされます。保険診療では使える歯科矯正装置に限りがあるため、舌側装置(歯の裏側につける矯正装置)などの目立たない矯正装置は使えません。

 

②治療期間が長すぎる

社会人の方では治療期間の長さが問題となります。お仕事をされている方にとって、顎変形症治療にかかるトータルの期間(約3ー4年間)は長すぎると感じられるでしょう。また、実際に手術を受けられるようになるまで2年近くかかるため、その間は気になる骨格の特徴が変わらないまま手術を待つことになります。

 

③術前矯正のあいだの見た目の変化

接客業など人と接するお仕事をされている方は特に気にされます。2年程度の歯科矯正後に手術を行うこれまでの顎変形症治療では術前矯正のあいだにしゃくれ感や唇の閉じにくさから生じる見た目の特徴が一時的に悪化することがあります。

 

手術を先に行う顎変形症治療「サージェリーファースト法」は、このような悩みを解決するためのよい選択肢です。

1 / 212