冬のしみ、ほくろ、いぼ治療

 

顔や首の「いぼ」「ほくろ」「しみ」などの治療を受けた後にはできるだけ紫外線が当たらないようにすることが最も大切です。色素沈着による「戻りしみ」を予防するためです。紫外線の最も弱まる冬の季節に治療を受ければ、紫外線の影響を受けにくいという大きなメリットがあります。

 

「しみ」「ほくろ」「いぼ」をレーザーなどで治療したあとは、10日から2週間ほど患部を保護する必要があります。汗をかきにくいこの季節であれば保護材などが汗ではがれてしまう心配も少なくなります。できるだけ傷をはやくきれいに治すために、「ハイドロコロイド被覆材」を使ったケアをおすすめします。この「ハイドロコロイド被覆材」、もともとは医療用に開発されて主に外科や形成外科などで傷のケアなどに使われてきたものですが、最近では手軽にドラッグストアなどでも手に入るようになりました。自宅で簡単にケアができるので治療当日から入浴や洗顔、洗髪も普段通りにしていただけます。

 

マスクや首もとが隠れる服装で治療したところを目立ちにくくすることができるのも冬に治療を受ける大きな利点です。例えばしみの「トレチノインを使った塗り薬治療」では口元まわりの赤みやかさつきが目立つ時期がありますが、そんなときにはマスクが活躍します。

 

しみの治療について

詳細を見る

 

ほくろの治療について

詳細を見る

 

いぼの治療について

詳細を見る