顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

メイクが楽しくなる、まぶたの治療。

/

 

《ブレファロプラスティ》はまぶたを美しく魅力的にする治療です。

 

はじめておこなわれた《ブレファロプラスティ》は、かぶさった皮膚をとりのぞくだけのものでした。いまではまぶたの皮膚、筋肉、脂肪の3つの要素にきめ細かく配慮することで、まぶた(=blepharo)の、形をより美しくととのえる手術(=plasty)としての《ブレファロプラスティ》がおこなわれるようになっています。

 

 

 

あなたのご希望に合わせて

目をぱっちり大きくしたい、まぶたが重い感じを改善させたい、というご希望でしょうか。それとも、ひたいのしわが気になる、眉を上げずに目を見開いたときの印象を良くしたいという変化かもしれません。

《ブレファロプラスティ》は保険適用とならない軽い眼瞼下垂にも応用できる究極の美容手術です。眼科、形成外科の技術を応用して黒目の見え方、ふたえの形、まぶたのくぼみやふくらみまで美しく整えることが治療のゴールです。

 

 

 

 

上眼瞼形成術(ブレファロプラスティ)がかなえる3つの変化

 

1.黒目をぱっちりと大きく

2.理想的なふたえに

3.まぶたをすっきりと美しく

 

 

 

 

1.黒目をぱっちりと大きく

黒目が大きくみえるよう、目を開ける筋肉(=挙筋)をたぐりよせてしっかり固定(=前転)する、《挙筋前転法》を採用しています。かくれていた黒目が見えるようになり、筋力があれば黒目全体がくりっと見えるようになります。

※術中に鏡で見てご希望に沿うよう調整ができます。見た目が自然で楽に目を開けたり閉じたりできる範囲での調整をおすすめします。

※まぶたが楽に上がるようになると三白眼(黒目の下に少し白目が見えること)が改善することがあります。肩こりや頭痛などが改善する場合もありますがこれは必ずしも改善するものではありません。

 

・自然で美しいまぶたのカーブ

 

 

2.理想的なふたえに

いまのまぶたがどのような形でも、そのまぶたに合う自然なふたえの形をご提案いたします。すでにイメージが決まっていれば形や幅についてくわしくお伺いします。ご希望の形に近い写真などがあればお持ちください。アイブジーという器具でシミュレーションをおこないます。ご自身のまぶたで仕上がりを確認することができます。

二重の幅や形は仕上がりに影響しますので担当医とよくご相談ください。

・二重まぶたの幅について

 

 

3.まぶたをすっきりと美しく

《ブレファロプラスティ》ではまぶたを美しくととのえるためのあらゆるアプローチが可能です。

それぞれのまぶたにあわせたデザインによって皮膚や脂肪の量を調整することで個性を引き立てつつ魅力的なまぶたへと導きます。高周波メスや手術用マイクロスコープをつかうことでデザイン通りの精密な切開、切除が可能となり回復もスムーズです。

・美しいブレファロプラスティのためのデザイン

・まぶたのふくらみとくぼみ

・ダウンタイムを短くするための3つの取り組み

 

 

 

 

 

費用(自由診療、税別)

・局所麻酔術前検査(採血) 6,000円

・上眼瞼形成術(ブレファロプラスティ)  500,000円

※上記費用には手術で使用する麻酔、糸、内服薬(止血剤・鎮痛剤・抗生剤)、術後ケア用品、術後4回の再診料や処置料などがすべて含まれます。

※皮膚や脂肪の除去には追加費用がかかりません。一部のオプション(ROOF切除、脂肪注入、ヒアルロン酸など)については追加費用かかります。

※年齢制限はありませんが、局所麻酔での手術を受けることが可能な方に限ります。

※確認と調整に時間をかけ希望に近づけるために手術は両目で2時間程度かかります。

※術後半年目以降にタッチアップ(修正術)が可能です。

 

 

 

合併症やリスク

薬剤のアレルギー:術中術後使用薬などによる各種アレルギー反応(稀にアナフィラキシー反応などの重篤なアレルギー反応)。

出血:通常手術当日から翌日にかけてにじむ程度の出血がみられます。皮下出血(あざ)が出る場合があります。

感染・異物反応:使う糸はナイロンやポリプロピレンの医療用縫合糸で、体の中に残しても通常害のないものですが、ごくまれに異物反応(赤くなる、 しこりになる、等)を起こすことがあります。

 

 

 

まとめ

・瞳を魅力的に見せまぶたを美しくととのえるための治療です。

・まぶたの形や黒目の見え方にこだわってご自身の希望を反映させることができます。

・保険適用とならない軽い眼瞼下垂にも応用できる究極の美容手術です。

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く

 

※厚生労働省のガイドラインに準拠して費用、合併症等を記載したうえでイラストを掲載しています。

まぶたの手術と「きずあと」

/

上まぶたは顔のなかでも「きずあと」が目立ちにくい場所です。まぶたを切開する手術、「二重切開法」「挙筋前転法」「まぶたのたるみ取り(ブレファロプラスティ)」などを受けたあとのまぶたの「きずあと」について説明します。

 

手術デザイン

まつげのきわから10㎜前後までの皮膚が薄い位置で切開すれば、きずあとが目立ちにくく自然に仕上がります。

 

たるみとりを同時におこなう場合、皮膚を多く取りすぎると眉毛近くの「厚い皮膚」が、まつげ近くの「薄い皮膚」に縫い合わせられ、腫れぼったく不自然に見えることがあります。それぞれのまぶたの状態にあわせて厚い皮膚の部分まで皮膚を取らないこと、ふたえの幅を広くしすぎないことをおすすめしています。

 

手術後1週間

抜糸直後の様子です。きずあとは多少くぼんで食い込んでいるように見えますが、これは腫れと傷がなおるときに一時的に硬くなることが原因です。あざが出た場合は10日から2週間で黄色くなり吸収されて消えます。

 

手術後1か月

きずあとはすこし赤みがあり触ると硬い感じがしますが、腫れが落ち着いてくぼみは目立たなくなってきます。傷のあたりにピリッとするような痛みを感じることがあります。まつげ近くの感覚がにぶい感じがすることもあります。どちらも数ヶ月から半年でおさまります。

 

手術後6か月

赤みやくぼみが目立たなくなりました。触ったときの硬さや痛み、感覚のにぶさもおさまります。

 

手術後1年

きずあとはほとんどわからなくなります。

 

 

 

治療にかかる費用(自由診療、税別)

検査費用:

・局所麻酔術前検査(採血) 6,000円

 

手術費用:

・上眼瞼形成術      500,000円

(挙筋前転術を応用したまぶたの開き調整:皮膚のたるみとり、二重まぶた形成を含む)

・上眼瞼徐皺術      350,000円

(皮膚のたるみとり:脂肪の切除や二重まぶた形成を含む)

・二重瞼、全切開法    330,000円

(目の横幅までの切開でおこなう二重まぶた形成術)

・二重瞼、部分切開法    220,000円

(1㎝程度の小さな切開からおこなう二重まぶた形成術)

 

※費用はすべて税抜き価格です。

※手術費用には手術で使用する麻酔などの薬剤、糸などの材料、術後の内服薬(鎮痛剤・抗生剤)、術後ケア用のガーゼ等、術後1週間・1か月・3ヵ月・6か月目の再診料や処置料が含まれます。

 

合併症やリスク

薬剤のアレルギー:術中術後使用薬などによる各種アレルギー反応(稀にアナフィラキシー反応などの重篤なアレルギー反応)。

出血:通常手術当日から翌日にかけてにじむ程度の出血がみられます。皮下出血(あざ)が出る場合があります。

感染・異物反応:使う糸はナイロンやポリプロピレンの医療用縫合糸で、体の中に残しても通常害のないものですが、ごくまれに異物反応(赤くなる、 しこりになる、等)を起こすことがあります。

 

 

※日常生活に支障があるような「重度の眼瞼下垂症」と診断された場合、保険適応での「眼瞼下垂症手術」もおこなっています。診察の際にご相談ください。

※厚生労働省のガイドラインに準拠して費用、合併症等を記載したうえで、術前・術後の写真を掲載しています。

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く

顔面神経麻痺後遺症のボトックス治療とリハビリテーション

/

 

顔面神経麻痺の後遺症による顔のゆがみ、ひきつれ、意に反した動きに対する「ボトックス治療」とリハビリテーションについてご説明します。

 

顔面神経麻痺の後遺症

顔面神経麻痺の後遺症による顔のゆがみは以下のような原因によっておこります。

 

・表情筋の麻痺:神経からの刺激がなくなるため筋肉の動きがなくなります

・表情筋の筋力低下:神経が再生してくると筋肉が動き始めますが、しばらく動いていなかった筋肉はやせて筋力がおちています

・表情筋の拘縮:動かなくなった筋肉は硬くなり縮まってこわばります

・表情筋の異常共同運動:神経の再生過程で神経が混同することによって口元や目元の筋肉が意に反して動きます

 

顔面神経麻痺になってから4か月目ごろから口を動かすと目を閉じてしまう、目を動かすと口元がピクピクするなどの「共同運動」がみられるようになります。また、10か月から1年たつと動きの弱い表情筋が硬くなって縮まることで起こる「拘縮」による顔のこわばりが出てきます。

 

顔面神経麻痺とボトックス治療

顔面神経の後遺症はボトックス(ボツリヌストキシン)を使って治療することができます。ボトックスには筋肉の動きを弱める効果があります。顔のけいれんや表情による目尻や眉間のしわなどの治療に広く使われているお薬です。動きすぎている顔の筋肉やこわばった筋肉をターゲットに少量ずつボトックスを注射して特定の筋肉だけをゆるめてあげることで顔の表情の左右差やゆがみを整えることができます。

 

治療の流れ

①気になる症状と表情の診察からプランシートを作ります。症状の出かたには個人差があるため、お一人おひとりに合わせた治療プランを作成します。気になっている「目尻」や「眉間 」などのしわがあればお伺いし、同時に治療できるようプランに組み込みます。

 

②プランに沿ってボトックスを注射します。極細の注射針を使っていますが、顔のいろいろなところに注射をするので痛みをやわらげるために表面麻酔(クリームの麻酔)を使います。麻酔クリームを塗って30分程度おくことで注射の痛みが和らぎます。

 

③プログラムに沿って表情筋のマッサージなどのリハビリテーションを開始します。

 

④1-2週目の診察で効果が足りないところがないかチェックします。笑ったときの表情や口元を動かした時の表情などを確認して、ご希望に応じてボトックス注射を追加します。1回目の治療で足りなかった部分を修正して次回のプランシートを作ります。

 

⑤ボトックス治療の効果は3−6か月持続します。2回目以降は前回の治療の結果に応じて修正したプランシートをもとに注射の量や場所を決定します。

 

 

ボトックスを使った顔面神経麻痺の治療は、顔全体の表情筋のバランスを整えることで、自然な表情をとりもどすための治療です。注射の後に正しいリハビリテーションを行うことで相乗効果が期待できるだけでなく、効果が持続して注射の間隔を長くすることができたり、リハビリテーションの効果で注射が必要なくなることもあります。

 

料金

初診料(初回の診察)       3,000円

顔面神経麻痺ボトックス治療  52,000円(プランシートの作成を含む、保険適応外)

表面麻酔(クリームの麻酔)    2,000円

再診料(2回目以降の診察)   1,000円

 

※リスク・副作用・合併症

・内出血(注射針が血管に当たってしまった場合)

・妊娠・授乳中の方への施術不可

・目が閉じにくくなる可能性

・目が開けにくくなる、眼瞼下垂になる可能性

・表情の左右差

 

※ 表情じわの治療薬として厚生労働省の承認を得ているボツリヌストキシン、「ボトックスビスタ®」を使用します。

※顔面神経麻痺発症から4か月以上経過した慢性期の方に対する治療です。

※表記料金に消費税を加算させていただきます。