茶色い「いぼ」を取り除いて若々しく

顔や首の「しみ」や「いぼ」は治療を受けることで顔の印象が変わる代表格です。顔立ちが変わるわけではありませんが、疲れた感じ、老けた感じが取り除かれ清潔感のある若々しい印象がよみがえります。今回は「いぼ」の治療について説明します。

 

顔にできる茶色い「いぼ」

顔にできる茶色く盛り上がった「いぼ」は「脂漏性角化症」です。紫外線などの影響でできる皮膚の加齢現象です。平らな「しみ」とは違い、肌に張り付いたように盛り上がっているので指で触れるとわかります。表面がでこぼこしていたり、光沢があるのが特徴です。

 

首にできるたくさんのちいさな「いぼ」

首にできるちいさないぼは「アクロコルドン」と呼ばれています。大きさは数ミリ程度と小さいものが多いのですが、皮膚に張り付いてつまめないものから、皮膚から突起のように飛び出して着替えのときやネックレスなどに引っかかるようなものまであります。加齢現象のひとつですが若い方にできることもあり、多発することも少なくありません。

 

「脂漏性角化症」「アクロコルドン」の治療

「脂漏性角化症」と「アクロコルドン」はどちらも飲み薬、塗り薬では治りません。突起状で根本が細いものはハサミで除去しますが、張り付いたような形のいぼは炭酸ガスレーザーでの治療をおすすめしています。「アクロコルドン」は麻酔のいらない「液体窒素」を使って除去することもできますが、根本が残ったり色素沈着を起こす場合があること、麻酔よりも痛みが出る場合があることなどの理由から、より痛みが少なく、確実であとが目立ちにくいレーザー治療をおすすめしています。

顔や首の治療というと痛みを心配される方もいらっしゃいますが、クリーム状の麻酔を塗ってしばらく浸透を待ってから痛み止めをして、レーザーやハサミで除去し保護材を貼るだけです。

使用する保護材は「ハイドロコロイド被覆材」です。キズを治すのに適した潤った環境をつくり、皮ふが再生するのを促します。キズを乾燥から守り、かさぶたをつくらないのでキズあとが残りにくく、また、ホコリや化粧品などの付着も防いで痛みをやわらげてくれます。

冬は紫外線が少なく治療後の色素沈着を防ぎやすいだけでなく、汗をかきにくく、マスクや首元が隠れる服装で保護材を貼ったところを隠しやすいため治療を受けるにはとてもいい季節です。

 

費用

・いぼ(脂漏性角化症)、炭酸ガスレーザー治療 直径5㎜まで 1個あたり ¥5,000

(直径5㎜以上は1㎜ごとに+¥1,000)

・アクロコルドン 1個あたり ¥2,000 首全体 ¥80,000

・表面麻酔(クリーム状の麻酔、エムラクリーム)¥2,000