顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

【症例】特殊な目の下のくま《ティアトラフ》について

/

《ティアトラフ》とは?

《ティアトラフ》とは目の下の内側にあるくぼみのことを指します。《tear trough》は直訳すると「涙の流れる溝」という意味です。目頭から流れるなみだがちょうどこの部分を伝って流れるイメージからつけられた名前と思われます。

この《ティアトラフ》が目立つタイプのくまには下記のような特徴があります。

 

□子供の頃からくまがあった

 

□元気なのに疲れているように見られることが多い

 

□メイクをしてもくまが消えない

 

□症例写真で自分と似たタイプの人があまりいない

 

特殊なくまである《ティアトラフ》の原因や治療について説明します。

 

 

 

 

《ティアトラフ》の原因

ティアトラフの原因はくぼみの部分にある《ティアトラフ靱帯》というスジ状の組織が骨と皮膚の間をつなぐようにしてあることです。

一般的なくまとティアトラフタイプのくまの違いは靱帯のくい込みの深さです。ティアトラフタイプでは通常よりくい込みが深いため、ハの字の影が目立つ形になっています。

  また、一般的なくまでは年齢を重ねることで脂肪のふくらみが大きくなりくまが目立ってくるのに対し、ティアトラフタイプでは子供の頃からくまが目立ちます。10代くらいまではハの字の影だけ、それ以降は脂肪のふくらみが出てくるためさらにくまが目立つようになります。

若いうちからくまが目立つため体調がいいときでも「疲れてない?」「体調がよくないのでは?」と心配されてしまうという声もよく聞きます。

 

 

 

《ティアトラフ》タイプのくまの治療

《ティアトラフ》タイプのくまの治療には《裏ハムラ》をおすすめしています。《ティアトラフ》タイプのくまでは靱帯が奥のほうから出ているため、靱帯のひっかかりを外して目の下のくぼみを改善させることが自然にくまを目立たなくするのにとても効果的であるためです。

 

 

靱帯のくい込みを外したあと、もとに戻らないようにするため靱帯のあったところに脂肪を移動させて糸で固定します。すべてまぶたの裏側を切開したところからおこなうため、肌の表面には傷ができず回復も速やかです。

 

 

 

 

《ティアトラフ》タイプのくま治療で注意したいこと

皮膚を切らずに脂肪をとる《脱脂(眼窩脂肪切除)》という方法がありますが、《ティアトラフ》タイプのくまには《脱脂》が適していないことに注意が必要です。もともと目の下がくぼんで影になっているため、脂肪をとってさらにくぼませるとさらにやつれて見える、さらに疲れて見える、脂肪を取り過ぎてしまうともとに戻せないなど、安価であるという以外のメリットがないためです。

 

それでも《脱脂》を受けるなら、取る脂肪の量を極力少なくすること、ティアトラフの溝が少し残ることを許容することがポイントです。また、切らずに治療を希望される場合は《ヒアルロン酸注入》を検討してもよいかもしれません。

 

ヒアルロン酸は1〜2年で吸収されてしまう、ティアトラフの溝が少し残るというデメリットはありますが、手軽にくまが目立たなくなることや、いずれ手術を受けたい、となったときにヒアルロン酸を溶かしてもとの状態にリセットできるなど脱脂に比べてもメリットは多いのではないでしょうか。

 

 

 

目の下の色調について

《ティアトラフ》タイプのくまでは目の下が赤紫や青紫に見えることが少なくありません。これは肌が薄く血管や筋肉が透けて見えるためです。治療によって影がなくなると色味はすこし薄くみえるようになりますが、完全に消えることはありません。女性ではメイクで目立たなくすることが可能です。

 

 

 

【症例】30代女性

子供の頃からくまが目立っていた。最近はさらに目立つようになった気がしている。以前から疲れているのではないかと心配されることが多かった。

上:術前 下:術後6か月

上:術前 下:術後6か月

上:術前 下:術後6か月

くい込みが改善して平坦な目の下になったことで疲れて見える印象が改善しました。目の下の皮膚の色調は変化していませんが、影がなくなったことで若干うすく見えるようになっています。

※この症例では術後にスキンケア(高濃度レチノール)によるくすみ治療を併用しています。

 

 

 

 

ダウンタイムを軽減するために

顔のクリニック金沢ではダウンタイム軽減のためにさまざまな取り組みを行っています。

①皮膚に糸を出さない固定法

②腫れを予防する止血剤の使用(内服、点滴)

③術後のテーピング(2〜3日)

 

上:術後2日 下:術後1か月

上:術後2日 下:術後1か月

2日目はむくみのため涙袋が目立たなくなっていますが、腫れがひいてくると涙袋がくっきりと出てきます。

 

 

 

 

 

執筆

山下 明子 医師
YAMASHITA, Akiko

顔のクリニック金沢 院長

経歴:

岐阜県出身
平成15年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業
同年 金沢医科大学形成外科入局
平成18年 産業医科大学形成外科留学
平成26年 金沢大学皮膚科形成外科診療班
平成29年 顔のクリニック金沢専任医師

専門医資格等:

日本形成外科学会 専門医
日本美容外科学会(JSAPS) 専門医
金沢医科大学形成外科学 非常勤講師

 

 

※合併症やリスク:薬剤のアレルギー、出血、感染・異物反応、眼瞼変形、結膜炎など

※費用(自由診療)

●料金表をみる

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

 

※費用はすべて消費税込みで表示しています。

※厚生労働省のガイドラインに準拠して治療の詳しい内容、費用、合併症等を記載したうえで、術前・術後の写真やイラストを掲載しています。