顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

【症例】下顎角形成術とダウンタイムについて

/

【下顎角形成術について】

《下顎角形成術/かがくこつけいせいじゅつ》とは、下あごの形をととのえる手術で

《エラ削り》ともいわれる治療法です。

 

エラが張っている・角ばっている、顔が大きく見えるなど、エラからフェイスラインにかけて気になる部分をご希望に合わせてととのえます。顔のクリニック金沢では《下顎角形成術》と《外板削除》のふたつを組み合わせておこないます。

 

 

《下顎角形成術/かがくかくけいせいじゅつ》

《下顎角形成術》ではエラのカドである《下顎角》をととのえます。角ばってみえるエラの骨を適度に切除してやわらかな輪郭をつくります。

 

 

《外板削除/がいばんさくじょ》

《外板削除》とは、えらのまわりの骨表面にある《外板》をけずることです。骨の横幅をせまくすることで顔の横幅を小さくすることができます。

 

 

【症例】 《輪郭形成術(下顎角形成術+外板削除)》

上:術前 下:術後 

角ばった印象のあったエラが小さくなり、女性らしいやわらかなフェイスラインに変化しています。

 

上:術前 下:術後 

正面から見た顔の横幅も小さくなり、きれいなたまご形の輪郭になりました。

 

上:術前 下:術後 

CT画像でもなめらかに整えられた下顎骨を確認できます。

より正確に形を再現するため、CT画像から立体モデルをつくりデザインのテンプレートを使用して手術を行います。

 

上:術前 下:術後 

・エラの骨をけずったことでできる骨のカド《二次角》ができないようにすること

・エラの角を完全になくしてしまわないこと

この2点が自然な輪郭に整えるためのポイントです。

 

 

 

【顔のクリニック金沢でおこなう下顎角形成術+外板削除について】

・麻酔科専門医による日帰り全身麻酔で痛みなく受けることができます。

・手術時間は60〜90分です。

・手術はすべて口の中からおこなうため、皮膚に傷はできません。

・口の中の粘膜は溶けて吸収される糸で縫合するため抜糸はありません。糸が気になる場合には抜糸が可能です。

・術後2,3日はやわらかい食事をおすすめしています。口の中を清潔にたもつため食後はお渡しするうがい薬をつかってください。

・血腫予防のためのバンデージを使用します。2日目にはずしてください。

・術後6週間は激しい運動やあごへの圧迫、衝撃をさけてください。

※手術のあとアフターケアに必要なお薬(抗菌薬、鎮痛薬、うがい薬)、バンデージ、注意事項の説明用紙などをお渡しします(すべて手術費用に含まれます)。

 

 

【ダウンタイムについて】

・腫れのピークは術後48時間です。腫れの程度は個人差があります。

・2~4週で目立たない程度まで腫れが改善します。

・完全に腫れがひいて手術の結果がわかるのは術後6か月目です。

 

 

 

【担当医について】

この症例を担当した外科医、麻酔科医は十分な経験と知識を有するエキスパートに与えられる日本専門医機構および各学会の専門医です。

《外科医》 山下 昌信

日本形成外科学会専門医 日本美容外科学会(JSAPS)専門医

《麻酔科医》 日高 康治

日本麻酔科学会専門医

 

 

【費用について】

輪郭形成術   1,320,000円

〈手術の内容〉下顎角形成術(エラ削り)、外板削除

全身麻酔費  187,000円

術前検査費  33,000円

※上記のほかに診察料(初診料3300円、カウンセリング料含む)がかかります。

※手術方法はお一人おひとりの状態やご希望により異なります。手術を希望される場合や、費用の見積を希望される場合、まずは当院で担当医の診察をお受けいただくようお願いいたします。

 

 

【起こりうる合併症、リスク、副作用】

出血、血腫、感染、口唇裂傷、オトガイ神経麻痺、顔面神経麻痺、皮膚のたるみ、ご自身の術後イメージと手術の結果が一致しないことがある、他

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

 

※費用はすべて消費税込みで表示しています。

※厚生労働省のガイドラインに準拠して治療の詳しい内容、費用、合併症等を記載したうえで、 術前・術後の写真を掲載しています。

 

顔面神経麻痺後遺症のボトックス治療とリハビリテーション

/

●顔面神経麻痺とは

顔の表情をつかさどる《顔面神経》がはたらかなくなることで顔の片側がうごかせなくなる《顔面神経まひ》、毎年100万人あたり300人ほどの方がかかるといわれており、めずらしい病気ではありません。ヘルペスウイルスの一種による《ベル麻痺》、水痘ウイルスによる《ハント症候群》があります。

 

まひ自体の治療は耳鼻科や神経内科が担当しますが、形成外科では麻痺による顔の表情の治療や回復してからでてくる《後遺症》の治療をおこないます。

 

顔面神経麻痺の後遺症による《顔のゆがみ》、《こわばり》、意に反して目や口元がうごいてしまう《病的共同運動》などに対する《ボトックス治療》とリハビリテーションをくみあわせた治療について説明します。

 

 

 

●顔面神経麻痺の後遺症

①顔のまひ

神経からの刺激がなくなるため筋肉がうごかなくなります。まひになった直後〜。

②顔の筋力低下

顔面まひになってしばらくすると神経が再生して筋肉が動きはじめますが、しばらく動いていなかった筋肉はやせて筋力がなくなっています。

病的共同運動

神経が再生するときのエラーによって口元や目元のが意に反してうごいてしまう現象。口を動かすと目を閉じてしまう、目を動かすと口元がピクピクするなど。まひになってから4か月目頃〜。

顔のこわばり

動かなくなった筋肉はかたくなりちぢまってこわばりの原因になります。まひになってから10か月〜1年。

 

もっとも多い《病的共同運動》をはじめ、まわりの人が思っている以上につらいこの後遺症を顔のクリニック金沢では積極的に治療しています。

 

 

 

顔面神経麻痺とボトックス治療

顔面神経の後遺症はボトックス(ボツリヌストキシン)を使って治療することができます。ボトックスには筋肉の動きを弱める効果があります。もともとは顔のけいれんや表情じわの治療につかわれてきたお薬です。こわばった筋肉やまちがってうごいている筋肉をターゲットに少量ずつボトックスを注射することで表情の左右差やゆがみを整えます。

 

治療の流れ

①まずは問診と表情の診察からプランシートを作ります。症状には個人差があるため、お一人おひとりに合わせた治療プランを作成します。ほかにも気になるしわ(「目尻」や「眉間 」など)があれば、プランに組み込みます。

 

②プランシートに沿ってボトックスを注射します。極細の注射針を使っていますが、顔のいろいろなところに注射をするので痛みをやわらげるために表面麻酔(クリームの麻酔)を使います。麻酔クリームを塗って30分程度おくことで注射の痛みが和らぎます。

 

③プログラムに沿って表情筋のマッサージなどのリハビリテーションを開始します。正しいリハビリテーションを行うことで相乗効果が期待できるだけでなく、効果が持続して注射の間隔を長くすることができたり、リハビリテーションの効果で注射が必要なくなることもあります。

 

④1-2週目の診察で効果が足りないところがないかチェックします。笑ったときの表情や口元を動かした時の表情などをみて必要ならボトックス注射を追加します。1回目の結果から次回のプランシートを作ります。

 

⑤効果は3−4か月持続します。2回目以降は3−4ヶ月おきに治療をおこないます。

 

 

 

ボトックスを使った顔面神経まひ後遺症の治療は、表情筋のバランスを整えることで、自然な表情をとりもどすための治療です。お悩みの方がおられましたらまずはいちどご相談ください。

 

 

 

料金

初診料(初回の診察)       3,000円

顔面神経麻痺ボトックス治療  40,000円(プランシートの作成を含む、保険適応外)

表面麻酔(クリームの麻酔)    2,000円

再診料(2回目以降の診察)   1,000円

 

※リスク・副作用・合併症

・内出血(注射針が血管に当たってしまった場合)

・妊娠・授乳中の方への施術不可

・目が閉じにくくなる可能性

・目が開けにくくなる、眼瞼下垂になる可能性

・表情の左右差

 

※ 表情じわの治療薬として厚生労働省の承認を得ているボツリヌストキシン、《ボトックスビスタ®》を使用します。

※顔面神経麻痺発症から4か月以上経過した慢性期の方に対する治療です。

※表記料金に消費税を加算させていただきます。