顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

もっと痛くない治療のための
8つの取り組み

/

顔のクリニック金沢ではすべての患者様にできるかぎり痛みが少なくなるよう8つの取り組みを行っています。それぞれの取り組みについてくわしく説明します。

 

 

 

痛くない治療のための8つの取り組み

 

 

1.麻酔が効きにくかったことはありませんか?

麻酔がききにくいことがあっても、適切な量、適切な場所に使うことで痛みをとりのぞき効果的な麻酔をすることができます。これまでの痛かったことがトラウマになっているなどの不安があれば、そのときの状況を確認したうえで不安を取り除き安心して治療をうけていただけるよう配慮しています。

 

2.麻酔法の使い分け

治療法による痛みの程度にあわせた適切な麻酔方法をチョイスすることで痛みを最小限にすることができます。

ボトックス、しみレーザー・・・麻酔クリーム《エムラクリーム》がよくききます。

まぶたの手術・・・シールの麻酔を貼ることで注射の痛みをやわらげます。

イボ・ほくろレーザー・・・ゆっくり注入することで注射の痛みを最小限にします。ゲートコントロール理論による振動徐痛も採用しています。

 

3.注射は「極細の針」で

顔の治療で使用する針は髪の毛より細い《34G針》です。肌に入るときの抵抗が少ないため痛みを感じにくいだけでなく、ゆっくり薬剤が入るため痛みを最小限にすることができます。

 

4.ゆっくりと時間をかけて

注射による麻酔薬が体に入るときに押されるような痛みが生じます。麻酔薬の成分と注入される圧によるものです。特に注入しはじめのときにはゆっくりと時間をかけることで徐々に麻酔薬の効果があらわれ、注入痛もやわらいでいきます。

 

5.痛くない治療のための待ち時間

クリームの麻酔には30分ほどかかります。注射もよく効くまでに少し時間がかかります。快適に治療を受けていただくための待ち時間です。

 

6.「麻酔科専門医」が行う全身麻酔

手術の内容に合わせて全身麻酔での治療をご提案しています。また、意識があることで恐怖心が強い、わずかな痛みでも避けたい、その他の理由で治療中に動かずにいることが難しいといった場合にも全身麻酔を選択することができます。眠っている間に手術を行いますので目がさめたときには手術が終わっています。豊富な経験を持つ麻酔科専門医が担当する日帰り全身麻酔で痛みの少ない治療を。

 

7.抜糸は痛くない?

はい、痛くありません。また、手術直後の傷はあまり触ったり触られたりしたくないもの。術後ケアもできるだけ痛みの少ないケア方法を提案いたします。

 

8.スタッフのサポート

お好きな音楽、看護師や医師からの声かけにより痛みへの不安をとりのぞきます。特に聴きたい音楽があれば手術の際にお持ちください。聞き慣れた音楽を聞くことで手術に対する緊張がほぐれます。

ふたえ整形埋没法
ダウンタイムと過ごし方

/

糸だけでふたえのラインをとめる埋没法はダウンタイムが短いのがポイントです。それでも少しでも腫れたくないという方のために、ダウンタイムと過ごし方についてご説明します。

 

埋没法のダウンタイム

《腫れ》

手術の翌日、翌々日が腫れのピークでたくさん泣いた日の翌日くらいです。

術後1週間目までには腫れが目立たなくなります。完全におちつくのは2~4週間後です。

 

《ふたえの幅》

腫れている間はふたえの幅が広く見えます。はれがひいていくと少しずつ幅がおちついてきて、完全にはれが引くと手術のときに決めた幅になります。

 

《あざ》

あざ(内出血)がでることはほとんどありませんが、まれに麻酔のときなどに針が血管にあたってしまうと内出血がでることがあります。目もらいなどでこれまでにまぶたの手術をうけたことがあるとすこし確率が高くなります。

血液をサラサラにする薬(抗凝固薬や抗血小板薬など)を内服しているか血液が固まりにくい病気の方ではあざがでやすいです。

あざが出ても1~2週間ほどで吸収されて消えます。あとが残ることはありません。

 

《傷あと》

針穴がふたえのラインの部分にできます。ごく小さな針穴なので、縫う必要はありません。人によってはしばらく赤みや茶色っぽい色素沈着が気になることがありますが、数か月で目立たなくなります。

 

 


 

過ごし方の4つのポイント

 

1.無理をしない 

・当日はソファなどでリラックスした姿勢で目をとじてできるだけ休む。

・夜眠るときは枕を高めにすると腫れにくい。

・翌日、翌々日は長風呂、運動などをひかえればそのあとは日常生活へ。

 

2.冷やしましょう

・当日は濡れたガーゼなどをあて、その上から保冷剤で冷やしてください。

※凍傷にならないよう冷やしすぎたりや保冷剤がじかに肌に当たらないよう注意してください

・翌日から3日目頃までは気持ちいいなと思う範囲で時々冷やす程度で十分。

 

3.お風呂や運動はひかえて

・お風呂、運動などで血行がよくなると腫れやすくなるので注意。

・当日と翌日は軽いシャワー程度、運動は控えて。

 

4.下を向かないように

・長時間下向きで作業する、本を読む、うつぶせ寝などは術後1週間は避けて。

 

 

 


ダウンタイムを乗り切るための準備

①メガネ・サングラス

・薄い色の入ったサングラスや縁が太めのメガネなど

・度の入っていない伊達メガネでも効果的

 

②前髪を長くする

・長めの前髪で自然に目元が隠れる

・手術まで時間があればのばしてみても

 

 

まとめ

埋没法はダウンタイムが短いのが最大のポイントです。

腫れが目立つのは手術の日を含めて3日程度です。

ふたえの幅は1か月から2~4週間で落ち着きます。

あざが出ることは少ないですが、出た場合消えるまで1~2週間かかります。

メイクが楽しくなる、まぶたの治療。

/

 

《ブレファロプラスティ》はまぶたを美しく魅力的にする治療です。

 

はじめておこなわれた《ブレファロプラスティ》は、かぶさった皮膚をとりのぞくだけのものでした。いまではまぶたの皮膚、筋肉、脂肪の3つの要素にきめ細かく配慮することで、まぶた(=blepharo)の、形をより美しくととのえる手術(=plasty)としてさまざまなテクニックを応用した《ブレファロプラスティ》がおこなわれるようになっています。

 

 

 

あなたのご希望に合わせて

目をぱっちり大きくしたい、まぶたが重い感じを改善させたい、というご希望でしょうか。それとも、ひたいのしわが気になる、眉を上げずに目を見開いたときの印象を良くしたいという変化かもしれません。

《ブレファロプラスティ》はまぶたのたるみだけでなく保険適用とならない軽い眼瞼下垂にも応用できる究極の美容手術です。眼科、形成外科の技術を応用して黒目の見え方、ふたえの形、まぶたのくぼみやふくらみまで美しく整えることが治療のゴールです。

 

 

 

 

ブレファロプラスティがかなえる3つの変化

 

1.黒目をぱっちりと大きく

2.理想的なふたえに

3.まぶたをすっきりと美しく

 

 

 

 

1.黒目をぱっちりと大きく(上眼瞼形成術)

黒目が大きくみえるよう、目を開ける筋肉(=挙筋)をたぐりよせてしっかり固定(=前転)する、《挙筋前転法》を応用しています。かくれていた黒目が見えるようになり、筋力があれば黒目全体がくりっと見えるようになります。

※術中に鏡で見てご希望に沿うよう調整ができます。見た目が自然で楽に目を開けたり閉じたりできる範囲での調整をおすすめします。

※まぶたが楽に上がるようになると三白眼(黒目の下に少し白目が見えること)が改善することがあります。肩こりや頭痛などが改善する場合もありますがこれは必ずしも改善するものではありません。

 

関連コラム・自然で美しいまぶたのカーブ

 

 

2.理想的なふたえに(上眼瞼形成術、上眼瞼徐皺術)

いまのまぶたがどのような形でも、そのまぶたに合う自然なふたえの形をご提案いたします。すでにイメージが決まっていれば形や幅についてくわしくお伺いします。ご希望の形に近い写真などがあればお持ちください。アイブジーという器具でシミュレーションをおこないます。ご自身のまぶたで仕上がりを確認することができます。

二重の幅や形は仕上がりに影響しますので担当医とよくご相談ください。

・二重まぶたの幅について

 

 

3.まぶたをすっきりと美しく(上眼瞼形成術、上眼瞼徐皺術)

《ブレファロプラスティ》ではまぶたを美しくととのえるためのあらゆるアプローチが可能です。

それぞれのまぶたにあわせたデザインによって皮膚や脂肪の量を調整することで個性を引き立てつつ魅力的なまぶたへと導きます。高周波メスや手術用マイクロスコープをつかうことでデザイン通りの精密な切開、切除が可能となり回復もスムーズです。

・美しいブレファロプラスティのためのデザイン

・まぶたのふくらみとくぼみ

・ダウンタイムを短くするための3つの取り組み

 

 

メイクが楽しくなるまぶたの治療

・ブレファロプラスティはまぶたを美しく整える手術です。

・ふたえの形だけでなくふくらみやくぼみ、黒目の見え方を含めたトータルな治療です。

・回復が早いため術後1週間の抜糸が終わればアイメイクを楽しむことができます。

 

 

 

 

費用について(自由診療、税別)

検査費用

・局所麻酔術前検査(採血) 6,000円

 

手術費用

・上眼瞼徐皺術(皮膚のたるみとり、二重まぶた形成を含むー上記コラム2,3)

350,000円

 

・上眼瞼形成術(挙筋前転術を応用したブレファロプラスティ、まぶたの開き調整、皮膚のたるみとり、二重まぶた形成を含むー上記コラム1,2,3)

500,000円

 

※上記費用には手術で使用する麻酔、糸、内服薬(止血剤・鎮痛剤・抗生剤)、術後ケア用品、術後4回の再診料や処置料などがすべて含まれます。

※皮膚や脂肪の除去には追加費用がかかりません。一部のオプション(ROOF切除、脂肪注入、ヒアルロン酸など)については追加費用かかります。

※年齢制限はありませんが、局所麻酔での手術を受けることが可能な方に限ります。

※術後半年目以降にタッチアップ(修正術)が可能です。

 

 

 

合併症やリスク

薬剤のアレルギー:術中術後使用薬などによる各種アレルギー反応(稀にアナフィラキシー反応などの重篤なアレルギー反応)。

出血:通常手術当日から翌日にかけてにじむ程度の出血がみられます。皮下出血(あざ)が出る場合があります。

感染・異物反応:使う糸はナイロンやポリプロピレンの医療用縫合糸で、体の中に残しても通常害のないものですが、ごくまれに異物反応(赤くなる、 しこりになる、等)を起こすことがあります。

 

 

 

まとめ

・ブレファロプラスティはまぶたを美しくととのえる手術です。

・まぶたの形や黒目の見え方にこだわってご自身の希望を反映させることができます。

・保険適用とならない軽い眼瞼下垂にも応用できる究極のまぶた治療です。

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く

 

※厚生労働省のガイドラインに準拠して費用、合併症等を記載したうえでイラストを掲載しています。