顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

顔面神経麻痺の後遺症について

/

慢性期後遺症でみられる3つの症状

顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群など)からの回復期に、「顔のゆがみ」や「こわばり」、「意に反して目や口が動く」といった症状がみられることがあります。これが「慢性期の後遺症」です。

症状は、

・筋肉の回復が不完全な「筋力低下」

・神経の再生プロセスでのエラーによる「病的共同運動」

・筋肉が硬くなってこわばってしまう「顔面拘縮」

の3つです。

 

筋力低下

顔面神経麻痺を発症すると表情筋はしばらく動かなくなります。神経が再生すると筋肉も動き始めますが、しばらく動いていなかった筋肉はやせて筋力がおちている状態です。筋力は徐々に回復していきますが、もとの筋力まで回復しなかった場合は筋力低下となります。

 

病的共同運動

5本ある顔面神経が傷ついて麻痺が起こります。その後、5本が合わさった付け根から神経が再生してきますが、このとき回復する神経が行き先を間違えたり、神経同士の不必要な連絡ができることがあります。この回復プロセスのエラーによって病的共同運動が起こります。症状は、口を動かしたいのに目がピクピクする、目を閉じると口も動いてしまうなどの意に反した動きです。ベル麻痺では約10%程度の方にみられます。

 

顔面拘縮

顔の筋肉のうち、目や口の周りにある表情筋は目を守ったり食事をとるなど体にとって特に大切な動きをしています。これらの筋肉を早く回復させようと脳からの強い指令がでるため、表情筋が常に緊張した状態となり、収縮して硬くなります。これが顔面拘縮です。自分で感じる症状は、顔のこわばりや引きつれ、ほうれい線が深くなる、目が細くなるなどです。

 

後遺症の予防と治療

後遺症を予防するため、麻痺の早期からマッサージ、ストレッチ、鏡を使った「ミラーフィードバック療法」などのリハビリテーションを行うことや、しかめ面や百面相など強い筋肉の動きを避けることが重要です。

 

発症から4カ月たって「慢性期」に入ってからも、症状が悪化しないよう、マッサージやストレッチなど根気良くリハビリテーションを続けます。

 

発症から1〜1.5年が経過すると、リハビリテーションによる回復の見込みが少なくなるため、後遺症に対する治療を始めます。

 

後遺症に対する治療には、目の周りや口の周りの筋肉のうち、緊張の強い部分を切除する「手術療法」や、筋肉の動きをゆるめる薬剤を注射して自然な表情をとりもどすための「ボトックス治療」があります。ボトックス治療は効果の持続が3か月から半年程度であるため、繰り返し行う必要があります。目の周りの筋肉の拘縮で細くなった目に対しては「上眼瞼形成術」などを行うことも可能です。

 

慢性期の後遺症に対する治療を希望される場合、まずは顔面神経麻痺の治療を受けている主治医にご相談いただき、紹介状をご持参のうえ診察にお越しください。治療の経過などについての情報を提供いただければ治療がスムーズにはじめられます。お一人おひとりの症状にあわせて治療のご提案をいたします。

 

顔面神経麻痺後遺症のボトックス治療とリハビリテーション

ボトックス治療ーよくある質問

当院で行っている上眼瞼形成術

まぶたの左右差ー顔面神経麻痺の後遺症について