顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

【症例】幅広二重のご相談

/

Q:できるだけ幅の広い二重にしたいのですが、どのくらいまでなら不自然になりませんか?

 

A:目を閉じた時のふたえの幅で8㎜までであればほとんどの方で自然な幅広ふたえにできます。もう少し広くしたいときは、薄いまぶたであれば9〜10㎜程度までであればそれほど不自然にならずに幅を広くできることもあります。

 

もし厚みのあるまぶたや腫れぼったさがもともと気になっているようであれば、無理に幅を広くするとよけいにはれぼったく不自然にみえてしまうことがあります。

 

実際に自然に見える幅には個人差がありますので、ブジーをつかったシミュレーションでどのくらいまでなら不自然にならないか、不自然になるとどんな感じかをよく確認しておく必要があります。

 

めを閉じた時の幅で10㎜をこえるような幅広ふたえは不自然になりやすいため、あえて不自然にしたいというご希望でなければおすすめしませんし、あえて不自然にすること自体あまりおすすめできません。

 

 

 

【症例】

《ご要望》

・広すぎない広めの二重にしたい

・平行型にしたい

・目頭切開は希望しない

・左右差も改善したい

 

《術前の状態》

・ひとえまぶた(奥ぶたえのラインなし)

・目頭の形の左右差(右のほうがもうこひだが張っている)

・骨格の左右差によるまぶたの左右差

・かるいさかまつげ

《手術の内容》

・二重瞼全切開法

・デザイン:ふたえの幅9㎜、皮膚切除2㎜幅、目頭のもうこひだの上にふたえのラインが入る末広型と平行型の中間型(インアウトライン、ミックス型ともいわれる形です)

・固定法:眼窩隔膜を利用した固定法

※注:完全な平行型にするためには目頭切開が必要となりますが、今回は目頭切開なしで平行型にみえるようにということで、中間型のデザインとしました。

【費用について】

二重瞼全切開法   363,000円

術前検査費  11,000円

※上記のほかに診察料(初診料3300円、カウンセリング料含む)がかかります。

※手術方法はお一人おひとりの状態やご希望により異なります。手術を希望される場合や、まずは当院で医師の診察をお受けいただくようお願いいたします。

【起こりうる合併症、リスク、副作用】

出血、血腫、感染、眼瞼下垂、ご自身の術後イメージと手術の結果が一致しないことがある、他

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

 

 

※費用はすべて消費税込みで表示しています。

※厚生労働省のガイドラインに準拠して治療の詳しい内容、費用、合併症等を記載したうえで、 術前・術後の写真を掲載しています。