顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

まぶたの手術と「きずあと」

/

上まぶたは顔のなかでも「きずあと」が目立ちにくい場所です。まぶたを切開する手術、「二重切開法」「挙筋前転法」「まぶたのたるみ取り(ブレファロプラスティ)」などを受けたあとのまぶたの「きずあと」について説明します。

 

手術デザイン

まつげのきわから10㎜前後までの皮膚が薄い位置で切開すれば、きずあとが目立ちにくく自然に仕上がります。

 

たるみとりを同時におこなう場合、皮膚を多く取りすぎると眉毛近くの「厚い皮膚」が、まつげ近くの「薄い皮膚」に縫い合わせられ、腫れぼったく不自然に見えることがあります。それぞれのまぶたの状態にあわせて厚い皮膚の部分まで皮膚を取らないこと、ふたえの幅を広くしすぎないことをおすすめしています。

 

手術後1週間

抜糸直後の様子です。きずあとは多少くぼんで食い込んでいるように見えますが、これは腫れと傷がなおるときに一時的に硬くなることが原因です。あざが出た場合は10日から2週間で黄色くなり吸収されて消えます。

 

手術後1か月

きずあとはすこし赤みがあり触ると硬い感じがしますが、腫れが落ち着いてくぼみは目立たなくなってきます。傷のあたりにピリッとするような痛みを感じることがあります。まつげ近くの感覚がにぶい感じがすることもあります。どちらも数ヶ月から半年でおさまります。

 

手術後6か月

赤みやくぼみが目立たなくなりました。触ったときの硬さや痛み、感覚のにぶさもおさまります。

 

手術後1年

きずあとはほとんどわからなくなります。

 

 

 

治療にかかる費用(自由診療、税別)

検査費用:

・局所麻酔術前検査(採血) 6,000円

 

手術費用:

・上眼瞼形成術      500,000円

(挙筋前転術を応用したまぶたの開き調整:皮膚のたるみとり、二重まぶた形成を含む)

・上眼瞼徐皺術      350,000円

(皮膚のたるみとり:脂肪の切除や二重まぶた形成を含む)

・二重瞼、全切開法    330,000円

(目の横幅までの切開でおこなう二重まぶた形成術)

・二重瞼、部分切開法    220,000円

(1㎝程度の小さな切開からおこなう二重まぶた形成術)

 

※費用はすべて税抜き価格です。

※手術費用には手術で使用する麻酔などの薬剤、糸などの材料、術後の内服薬(鎮痛剤・抗生剤)、術後ケア用のガーゼ等、術後1週間・1か月・3ヵ月・6か月目の再診料や処置料が含まれます。

 

合併症やリスク

薬剤のアレルギー:術中術後使用薬などによる各種アレルギー反応(稀にアナフィラキシー反応などの重篤なアレルギー反応)。

出血:通常手術当日から翌日にかけてにじむ程度の出血がみられます。皮下出血(あざ)が出る場合があります。

感染・異物反応:使う糸はナイロンやポリプロピレンの医療用縫合糸で、体の中に残しても通常害のないものですが、ごくまれに異物反応(赤くなる、 しこりになる、等)を起こすことがあります。

 

 

※日常生活に支障があるような「重度の眼瞼下垂症」と診断された場合、保険適応での「眼瞼下垂症手術」もおこなっています。診察の際にご相談ください。

※厚生労働省のガイドラインに準拠して費用、合併症等を記載したうえで、術前・術後の写真を掲載しています。

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く