顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

【症例】ルフォー骨切り術とダウンタイム

/

【上下顎骨切り術とは】

上下顎骨切り術(ルフォー+BSSO=両顎手術)とは、上顎骨と下顎骨を三次元的にいろいろな場所に動かすことで顔立ちの特徴を変える手術です。

たとえば顔全体を短くする、顔の曲がりを整える、口元の突出感を減らすなどの変化が可能です。

上下顎骨切り術の効果とそのダウンタイムについて症例写真を使って解説します。

 

 

【症例】

※この手術で改善したところ①

・顔が面長に見える

・あご先が左に曲がっている

※この手術で改善したところ②

・前歯の並びが傾いている(右が下がっている)

・ガミースマイル(笑うと上の歯肉が見える)

 

 

 

【手術内容】

・上顎ルフォー骨切り(傾斜調整、4㎜短縮)

・下顎のBSSO(=SSRO)骨切り

・オトガイ形成(中抜き・sliding、3.5㎜短縮)

手術は提携病院で入院し、全身麻酔でおこないます。

すべての骨切りは口の中から行い、ドレーン(血抜きの管)も口の中から出すため皮膚には傷ができません。

 

 

 

 

術前(左)と術後12カ月(右)です。

あご先の曲がりが解消され面長感もなくなり女性らしい柔らかな輪郭へと変化しています。

 

 

スマイルの変化です。ガミースマイルが解消して笑っても上の歯肉が見えなくなりました。上の歯の傾きも改善して理想的な歯の見え方となり、華やかでかつ落ち着きのある口元になりました。

《歯の見え方》の変化はこの手術で最も重要なポイントです。手術中に歯の見せ方をミリ単位で微調整しました。

※関連コラム:口元の基準 incisal show

 

 

 

本例では歯並びやかみ合わせに問題がなかったため、かみあわせを変えせずに手術を行っています。術後、歯に矯正装置をつけておこなう《歯科矯正治療》はおこなっていません(術前術後に提携矯正歯科でかみあわせのチェックのみ)。

 

 

ルフォー骨切りにより上あごを短縮しています(右側で4mm)。上あごの左右差を調整することで上の歯の見え方、前歯の傾き、顔の下半分の曲がりが修正されました。

 

 

 

オトガイ形成(中抜き、3.5㎜)によって下あごの長さも短くなっています。

 

 

骨格の縮小による皮膚のたるみをおさえるため、オトガイ(あご先)を少しだけ前方に移動(sliding)させています。

 

 

 

術前(左)と術後12カ月(右)の比較写真です。

 

 

 

 

【顔のクリニック金沢でおこなう上下顎骨切り術について】

・手術は提携病院で行います。

・手術は全身麻酔でおこないます。

・入院が必要です(4泊5日)。

・すべての骨切りは口の中から行い、ドレーン(血抜きの管)も口の中から出すため皮膚には傷ができません。

・術後6週間は柔らかい食事をとってください。

・術後6週間は激しい運動やあごへの圧迫、衝撃を避けてください。

・口の中を清潔に保つため食後はお渡しする含嗽薬でうがいをしてください。

※術後にアフターケアに必要なお薬、注意事項の説明用紙などをお渡ししています(手術費用に含まれます)。

 

 

【上下顎骨切り術のダウンタイムについて】

・腫れのピークは術後48時間です。

・腫れの程度には個人差がありますが、およそ2~4週で目立たない程度まで改善します。

・完全に腫れがひいて手術の結果がわかるのは術後6か月目です。

 

 

 

 

【担当医について】

この症例を担当した外科医、麻酔科医はともに十分な経験と知識を有するエキスパートにのみ与えられる日本専門医機構および各学会の専門医です。

《外科医》 山下昌信

日本形成外科学会専門医 日本美容外科学会(JSAPS)専門医

《麻酔科医》 日高康治

日本麻酔科学会専門医

 

 

 

【費用について】

上下顎骨切り術  2,420,000円 提携病院での入院費用を含む

オトガイ形成加算  440,000円

全身麻酔費(顎骨手術)  275,000円

術前検査費  33,000円

CT検査  5,500円

3Dモデル作成費用  55,000円

 

 

 

【起こりうる合併症、リスク、副作用】

術中術後出血、術後感染、神経麻痺、後戻り、噛み合わせのずれ、ご自身の術後イメージと手術の結果が一致しないことがある、他

 

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

 

 

※費用はすべて消費税込みで表示しています。

※厚生労働省のガイドラインに準拠して治療の詳しい内容、費用、合併症等を記載したうえで、術前・術後の写真を掲載しています。

※先天性疾患等の治療としておこなう場合には保険適用となることがあります。適用条件については医師の診断が必要であるためご相談ください。