口元の基準 incisal show

「incisal show」

顎骨の手術で上顎の位置を決定する際に最も重要視するのが「incisal show」(インサイザルショウ、上顎の歯牙露出度)です。唇の力を抜いたときに正面から見える切歯(前歯)の量を「incisal show at rest」といい、大きく笑ったときのものは「incisal show at smile」といいます。適切な日本語訳は今のところありません。

 

顎骨手術のうち、上顎の位置を変更する術式を「Le Fort I型骨切り術」といいます。見た目を考慮した手術で小顔を希望される方の中には、「Le Fort I型骨切り術」で上顎を何mm短くして欲しいとオーダーされることがあります。その場合、顔を1cm小さくしたい場合は上顎を1cm短くすればよいのでしょうか?

 

上顎を短縮する際に目安とするのが「incisal show」です。「incisal show at rest」の理想値は男性では2mm程度、女性ではもう少し大きく4mm程度といわれています。この値が小さくなると唇の力を抜いた自然な状態で歯が見えなくなり、男女ともに表情から若々しさが失われてしまいます。反対にこの値が大きい場合、特に男性では実年齢よりも若く見えすぎてしまいます(女性の歯牙露出が若々しく時にエレガントさも演出するのに対し、男性の過剰な歯牙露出は何となく軽くあるいは幼く見えてしまう原因になります)。手術による上顎の短縮量はこの「incisal show」 を適正化することで決定されます。

 

 

「incisal show at smile」

笑ったときの歯牙露出度「incisal show at smile」は、男性女性ともに「full crown」(切歯がすべて見える状態)が望ましいとされます。「incisal show at smile」の値が大きくなると、歯肉が見えすぎる「gummy smile(ガミースマイル)」と呼ばれ、その程度によっては個性の強い口元の見た目を呈します。過度な「gummy smile」に対しても「Le Fort I型骨切り術」による上顎の短縮が有効です。

 

 

「gummy smile」

では、安静時の歯牙露出度が適正であるのに、笑ったときの「gummy smile」があるときはどうすればよいのでしょうか? この場合、さらなる上顎の短縮はあまりおすすめしません。軽度の「gummy smile」は許容するかあるいはボトックス治療などの切らない治療方法が第一選択となります。年齢をかさねると骨格の萎縮により顔の皮膚軟部組織は多かれ少なかれ下垂します。いつまでも若々しさを保ちたいのであれば「incisal show」を考慮しない上顎の切りすぎは避けるのが無難です。

 

答え:多くの方にとって1cmは切りすぎです。