顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

顎変形症とダウンタイム

/

骨格の手術を必要とする顎変形症の治療では、どのような悩み、ダウンタイムがあるのでしょうか。気になる3つのポイントについて説明します。

 

 

顎変形症の治療で気になる3つの悩みとダウンタイム

①歯科矯正の装置が目立つ

顎変形症の治療では歯に矯正装置をつける必要があります。装置をつける期間は治療内容やかみ合わせの状態によって個人差がありますが、この装置をつけている期間も広い意味ではダウンタイムといえます。

最近ではさまざまな目立ちにくい装置も開発されていますが、保険診療では使える歯科矯正装置に限りがあり、舌側装置(歯の裏側につける矯正装置)などの目立たない矯正装置は使えません。

 

②治療期間の長さ

顎変形症の治療では、術前矯正を含めた治療期間の長さが問題となります。とくにお仕事をされている方にとっては、顎変形症治療にかかるトータルの期間(約3ー4年間)は長すぎると感じられるようです。実際に保険適用で手術を受けられるようになるまで2年近くかかりますが、その間は気になっている骨格の特徴(あごが出ているなど)は変わらないまま手術を待つことになります。

 

③術前矯正のあいだの見た目の変化

顎変形症の治療では、ふつう2年程度の歯科矯正後に手術がおこなわれます。手術をしたあとにかみ合わせがぴったり合うように矯正をすすめていくため、矯正中は一時的にかみ合わせがそろっていない状態になります。とくにしゃくれ感や唇が閉じにくいなどの見た目の特徴は悪化することも。接客業など人と接するお仕事をされている方は特に気にされる変化です。手術前の見た目の変化もダウンタイムの1つと考えられます。

 

手術を先に行う顎変形症治療《サージェリーファースト法》は、このような悩みを解決し、矯正の期間を含む長いダウンタイムを短縮するためのひとつの選択肢です。

※サージェリーファースト法での顎変形治療は健康保険が適用されない自由診療での治療となります。

 

サージェリーファースト法とは?
最初に骨切り術を行い、その後に歯科矯正治療を行う顎変形症の比較的あたらしい治療法です。
この方法は、一般的な顎変形症治療のように《術前矯正》→《手術》→《術後矯正》というステップをふむ必要がなく、治療経過中に口元の印象が悪化するということもありません。
また、手術後は矯正治療による歯の移動がはやくなるというメリットもあり、トータルの治療期間をさらに短くすることができるといわれています。

 

 

 

【顔のクリニックの担当医】

米国UCLA留学で最新の形成外科治療を学んだ経験豊富な専門医があなたの治療を担当します。

医師 山下昌信 

金沢医科大学形成外科准教授

日本形成外科学会専門医

日本美容外科学会(JSAPS)専門医

日本顎顔面外科学会専門医

米国UCLA形成外科フェローシップ修了

 

 

お問い合わせ・ご予約(診察の予約は電話受付のみ)

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.(木、日除く)

〈顔のクリニック金沢〉専用お問い合わせフォーム