顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

二重まぶたの幅について

/

形成外科医のDr. LR.Fernandezは、日本人を含む多くのアジア人に対する重瞼術をおこない、その方法や結果について述べた論文を書いています。1993年に書かれた論文には二重まぶたの幅についても詳しく説明されています。

 

『 約半数の患者は7㎜幅、40%程度の患者が6㎜幅を希望する。また、男性は6㎜幅を希望することが多く、その理由は見た目の変化があまり大きくないからである。若い患者はより広い幅(8㎜)を希望することもある。』

 

ここでいう二重の幅とは、まぶたを軽く閉じた状態で測ったまつげの生え際からふたえの皮膚の折れぐせまでの長さです。

多くのアジア人では8㎜程度の幅までは自然なふたえになります。もしひかえめな二重をご希望であれば6㎜前後がよいでしょう。

 

 

 

 

Dr. LR.Fernandezは二重の幅の変更について

 

『 狭い幅の二重を広くする手術は可能だが、広い幅を狭くするのは非常に難しい。』

 

と述べています。

ただし、最近では幅の広すぎる二重でも《つり上げ法》や《袋とじ縫合》などのテクニックを用いることで自然に見える幅に修正することができるようになっています。

 

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く