手術用顕微鏡を使ったまぶたの手術

 

手術をはじめた頃はまだ裸眼で手術を行っていました。数年たった頃から手術用ルーペを使うようになり、術野の鮮明さに驚いたことが昨日のことのようです。現在、当院で行うまぶたの手術は手術用顕微鏡を用いて行っています。顕微鏡下眼瞼形成術の有用性は札幌の蘇春堂形成外科、野平久仁彦先生から教えていただきました。

 

手術用顕微鏡を使うと小さいものが大きく見えるだけでなく、構造が立体的に見えるので、繊細な作業が可能になります。肉眼では見えていなかった血管や筋肉、膜構造などがまさに手に取るように見え、あらかじめ出血しそうな血管を確認して処理することで、術中の出血を最小限にすることができます。

 

私のまぶたの治療にはなくてはならない道具のひとつです。