顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

顎変形症とダウンタイム

/

顎変形症の治療で気になる3つの悩み

 

①歯科矯正の装置が目立ってイヤ

思春期の患者さんがよく気にされます。保険診療では使える歯科矯正装置に限りがあるため、舌側装置(歯の裏側につける矯正装置)などの目立たない矯正装置は使えません。

 

②治療期間が長すぎる

社会人の方では治療期間の長さが問題となります。お仕事をされている方にとって、顎変形症治療にかかるトータルの期間(約3ー4年間)は長すぎると感じられるでしょう。また、実際に手術を受けられるようになるまで2年近くかかるため、その間は気になる骨格の特徴が変わらないまま手術を待つことになります。

 

③術前矯正のあいだの見た目の変化

接客業など人と接するお仕事をされている方は特に気にされます。2年程度の歯科矯正後に手術を行うこれまでの顎変形症治療では術前矯正のあいだにしゃくれ感や唇の閉じにくさから生じる見た目の特徴が一時的に悪化することがあります。

 

手術を先に行う顎変形症治療「サージェリーファースト法」は、このような悩みを解決するためのよい選択肢です。

顔の見た目とかみ合わせ:顎変形症(がくへんけいしょう)

/

顎変形症とは

《顎変形症(がくへんけいしょう)》とは、上あごと下あごの位置やバランスが合っていないために、かみ合わせがずれている状態です。

 

 

 

顎変形症と顔の見た目

顎変形症のかたのうち「かみ合わせがずれている」といって矯正歯科や美容外科に来られる方は少なく、多くの方は

 

「あごがでている」

「あごが小さい」

「口が閉じにくい」

「口元がでている」

「顔がまがっている」

 

といった見た目の悩みを相談しに来院されます。

 

顎変形症の治療はかみ合わせの治療ですが、せっかく治療を受けるのですから、かみ合わせはもちろん顔のかたちや表情の悩みも同時に良くしたいと思うのはごく自然な考えです。

 

 

 

顎変形症の治療

歯に矯正装置をつける《歯科矯正》、歯の矯正装置と手術を組み合わせた《外科矯正》のいずれかの方法で治療が可能です。

どちらの方法であってもかみ合わせをよくするためだけの治療では見た目が改善しないことがあります。「かみ合わせが合ったので治療は終わりです」と言われ、はじめに期待していた結果との違いにとまどう方もおられるのではないでしょうか。

 

見た目にも大きく影響する《顎変形症》の治療に、形成外科・美容外科の技術を応用することでかみ合わせだけでなく顔のかたちやバランス、表情まで美しく整えることが可能です。

 

 

 

顎変形症の4つの治療方針

・ご自身が気にされているお顔の特徴についての十分な《問診》

・歯やかみ合わせだけでなく顔全体のバランスをふくめた《診断》

・矯正歯科専門医と提携した歯ならび、かみ合わせの《機能の治療》

・顔のかたちや表情のバランスを改善させる《見た目の治療》

 

 

 

お問い合わせ・ご予約(診察の予約は電話受付のみ)

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.(木、日除く)

〈顔のクリニック金沢〉専用お問い合わせフォーム

 

 

 

関連コラム:

顎変形症とダウンタイム

健康的な口元について

口元の基準 incisal show