顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

まぶたの手術、ダウンタイムと過ごし方

/

切開法重瞼術(二重まぶた)、上まぶたのたるみとり、上眼瞼形成術(ブレファロプラスティ)、睫毛内反症手術、眼瞼下垂症手術など、まぶたの二重の部分を切開する手術にはダウンタイムがあります。

(注:まぶたのたるみとりとして眉毛下で皮膚を切除する方法やふたえ埋没法は術後のダウンタイムが短いので今回の内容はあてはまりません。)

 

・まぶたの腫れ

手術の日を1日目とした場合、2,3日目をピークとしてまぶたが腫れます。

術後1、2週間目までには80〜90%程度の腫れがひきます。

術後1か月たてば他の人から見て腫れていることがほとんどわからなくなる方がほとんどです。

個人差はありますが完全に腫れがひくのは術後数か月から半年頃です。

 

・ふたえの幅

ふたえの幅は腫れているうちは幅広く見えますが、腫れがひくとせまくなり見た目も自然になっていきます。ふたえの幅を広くした場合(目をつぶって測った幅が8〜10㎜程度)、腫れが長引くことがあります。

腫れかたに左右差があると、左右の二重の幅がちがって見えますが、腫れが落ち着けば左右差が目立たなくなっていきます。

1か月もすると最終的な二重の幅に近くなりますが、その後もわずかに幅が変化します。3か月たつとその後はあまり大きく変化しません。

 

・あざ

全員にあざがでるわけではありませんが、痛み止めの注射のときに血管に針が当たったり、手術中の出血が多いとあざが出やすくなります。抗凝固薬や抗血小板薬など血液をさらさらにする薬を飲んでいる方は特にあざが出やすくなりますが、そうでなくても出血しやすい体質の方もおられます。あざがでた場合には2週間ほど色が目立ちますが、傷のまわり以外ならコンシーラーで隠すことができます。打ち身でできるあざと同じなので、あとが残ることはありません。

 

・まぶたの傷あと

まぶたの「ふたえ」の線で切開した傷あとは、目を開けたとき二重の奥に折り込まれるため、それほど目立ちません。手術後5~7日頃に抜糸が終わると、しばらくは傷あとの赤みや茶色っぽい色素沈着がみられます。ふたえの線が食い込まないようにする方法で手術をしてもまぶたが腫れているとしばらくは傷あとがくぼんで見えることがあります。どちらも落ち着くまでに数か月~半年かかりますが、半年たてば傷あとは普通の「ふたえ」のラインと見分けがつかないくらいになります。

 

・ダウンタイムを短くするために自分でできる4つのこと

①安静

まぶたが心臓より高い位置にあるほうが腫れにくいので、術後はソファなどでリラックスした姿勢で休んでください。

②冷却

休んでいる間、目を閉じてまぶたに濡らしたガーゼなどをあて、その上から小さいタオルなどで包んだ保冷剤をのせ冷やしてください。凍傷になることがあるので保冷剤がじかに肌に当たらないよう注意してください。手術を受けた当日は、寝る前までできるだけまぶたを冷してください。翌日から3日目頃までは冷やしていた方が気持ちよい場合はときどき冷やしてもいいでしょう。ずっと冷やし続ける必要はありません。1週間もするとほぼ手術による炎症は治まりますので、冷やす必要はなくなります。

③血行をよくしすぎない

入浴や飲酒で血行がよくなりすぎるとまぶたが腫れやすくなりますので、術後1週間は軽いシャワー程度にして、飲酒は控えるのがよいでしょう。

④下向きを避ける

長い時間下を向いてパソコンやスマートフォンなどを操作する、本を読む、うつぶせ寝などは最低でも術後1週間は避けてください。

 

・カモフラージュ法

ダウンタイムを乗り切るために役立つカモフラージュ法を提案します。

①メガネやサングラスを使う:

薄い色つきのサングラスや、普段メガネを使っていない方は度の入っていないメガネでも効果的です。手術のしばらく前からサングラスやメガネを使い始めれば術後の腫れたまぶたを自然にカモフラージュすることができます。

②前髪をおろす:

長めの前髪で目元を隠すことができます。メガネと同じように手術の少し前から髪型を変えておけば、より自然に目元を隠すことができるかもしれません。

 

・まとめ

腫れが目立つのは1カ月程度です。

ふたえの幅が落ち着くのは1か月から3か月程度です。

あざが出た場合、目立つのは2週間程度です。

手術の影響が完全にとれるまでは数か月から半年程度かかります。

 

魅力的な目の上のくぼみ《サンケンアイズ(sunken eyes)》

/

 

目の上のくぼみ《サンケンアイズ(sunken eyes)》

この言葉はビートルズの歌詞にも出てくるのでどこかで耳にされたことがあるかもしれません。わずかなくぼみは大人の魅力を大いに引き立てます。

 

目元のチャームポイントのひとつになりうる目の上のくぼみですが、くぼみが深くなってくると眠そうな目、つかれているように見える、など悩みの原因となることもあります。

 

くぼみだけの治療を手軽にということであれば《ヒアルロン酸》が良いでしょう。また、効果が長持ちする治療であればご自身の脂肪を使った《脂肪注入》がよいかもしれません。目の上のくぼみだけでなく、まぶたの開きや二重の幅、かたちなどまで美しく整えるには顕微鏡をつかった《上眼瞼形成術》が良い選択肢です。

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く

左右の目の形や大きさが違う2(おとなになってからの場合)

/

 

大人になってから左右差がめだつようになった場合、2つのパターンがあります。

パターン1:皮膚がかぶさって左右差がめだってきた

パターン2:まぶたがくぼんで左右差がめだってきた

 

 

 

 

パターン1:皮膚がかぶさって左右差がめだってきた

年齢や紫外線によって皮膚がたるむと二重の幅はせまくなってきます。もともとはっきりと幅のある二重だった場合でも、奥二重になったり目尻側に皮膚がかぶさった状態になります。

 

治療:

上まぶたの皮膚をとりのぞくことで形を整えることができます。《上眼瞼除皺術(じょうがんけんじょすうじゅつ)》はふたえのラインのあたりで皮膚をとりのぞいて二重の形を整える手術です。二重の線がいくつもあってひとつにしたい、ついでに二重にしたいという方におすすめします。年代に合わせた切除量、デザインが必要です。

 

関連コラム:美しいブレファロプラスティのためのデザイン

 

また、《眉毛下切開法》は眉の下で皮膚を切除する方法です。より多くの皮膚をとりのぞくことが可能で、見た目の変化もよりマイルドです。もともと二重のラインがある、かぶさりの量が多いなどの場合に向いている方法です。

 

 

 

 

パターン2:まぶたがくぼんで左右差がめだってきた

まぶたがくぼむ、ふたえのラインが増えた、目が重い感じ、夕方になると目が疲れる、これらはまぶたの下がり始めたサインです。ハードコンタクトレンズを長く使っていると30代から変化がではじめることも。

まぶたをあける《眼瞼挙筋》からまぶたに力を伝える組織がゆるくなるとまぶたが下がりはじめます。眉が上がっておでこにしわができたり、下がったまぶたでものが見づらくなる《眼瞼下垂症》へと進行します。症状の出かたやもともとの筋力に左右差があると、みための左右差の原因になります。

 

治療:

まぶたの開き具合とくぼみを改善し二重の形も美しくととのえるために《挙筋前転法》を応用した《上眼瞼形成術》をおこないます。片方だけ治療すると《ヘリングの法則》によって反対側のまぶたの形がかわったり、腫れの影響で一時的に左右差が目立ったりするだけでなく、左右差の微調整が難しくなることがあります。特に左右の筋力に差がある方ではバランスを合わせるために左右同時に治療を受けることをおすすめします。

 

 

関連コラム:

挙筋前転法でみられる3つの変化

左右の目の形や大きさが違う1(生まれつきの場合)

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く