顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

ふたえ整形埋没法
ダウンタイムと過ごし方

/

糸だけでふたえのラインをとめる埋没法はダウンタイムが短いのがポイントです。それでも少しでも腫れたくないという方のために、ダウンタイムと過ごし方についてご説明します。

 

埋没法のダウンタイム

《腫れ》

手術の翌日、翌々日が腫れのピークでたくさん泣いた日の翌日くらいです。

術後1週間目までには腫れが目立たなくなります。完全におちつくのは2~4週間後です。

 

《ふたえの幅》

腫れている間はふたえの幅が広く見えます。はれがひいていくと少しずつ幅がおちついてきて、完全にはれが引くと手術のときに決めた幅になります。

 

《あざ》

あざ(内出血)がでることはほとんどありませんが、まれに麻酔のときなどに針が血管にあたってしまうと内出血がでることがあります。目もらいなどでこれまでにまぶたの手術をうけたことがあるとすこし確率が高くなります。

血液をサラサラにする薬(抗凝固薬や抗血小板薬など)を内服しているか血液が固まりにくい病気の方ではあざがでやすいです。

あざが出ても1~2週間ほどで吸収されて消えます。あとが残ることはありません。

 

《傷あと》

針穴がふたえのラインの部分にできます。ごく小さな針穴なので、縫う必要はありません。人によってはしばらく赤みや茶色っぽい色素沈着が気になることがありますが、数か月で目立たなくなります。

 

 


 

過ごし方の4つのポイント

 

1.無理をしない 

・当日はソファなどでリラックスした姿勢で目をとじてできるだけ休む。

・夜眠るときは枕を高めにすると腫れにくい。

・翌日、翌々日は長風呂、運動などをひかえればそのあとは日常生活へ。

 

2.冷やしましょう

・当日は濡れたガーゼなどをあて、その上から保冷剤で冷やしてください。

※凍傷にならないよう冷やしすぎたりや保冷剤がじかに肌に当たらないよう注意してください

・翌日から3日目頃までは気持ちいいなと思う範囲で時々冷やす程度で十分。

 

3.お風呂や運動はひかえて

・お風呂、運動などで血行がよくなると腫れやすくなるので注意。

・当日と翌日は軽いシャワー程度、運動は控えて。

 

4.下を向かないように

・長時間下向きで作業する、本を読む、うつぶせ寝などは術後1週間は避けて。

 

 

 


ダウンタイムを乗り切るための準備

①メガネ・サングラス

・薄い色の入ったサングラスや縁が太めのメガネなど

・度の入っていない伊達メガネでも効果的

 

②前髪を長くする

・長めの前髪で自然に目元が隠れる

・手術まで時間があればのばしてみても

 

 

まとめ

埋没法はダウンタイムが短いのが最大のポイントです。

腫れが目立つのは手術の日を含めて3日程度です。

ふたえの幅は1か月から2~4週間で落ち着きます。

あざが出ることは少ないですが、出た場合消えるまで1~2週間かかります。