顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

目の下のくま、ふくらみ – 切らない治療

/

目の下の《くま》《ふくらみ》《たるみ》といった《バギーアイ》の治療にはいろいろな選択肢があります。症状やご希望にあわせてこれらを組み合わせることもできるため、治療のまえには十分な打ち合わせとオーダーメイドのプランニングが欠かせません。

今回は手軽に受けられる手術以外の方法について説明します。

切らない治療の効果は切る治療に比べるとひかえめで、持続も短いのが特徴です。1つの治療で効果が物足りない場合は他の治療を組み合わせることも。

 

 

①注入治療

からだの一成分である《ヒアルロン酸》や、自分の体からとった《脂肪注入》でふくらみの下の影を目立たなくします。ふくらみそのものはなくなりませんが《くま》をカモフラージュすることができます。

注入治療で不自然にならないためのポイントは、くまを完全に消してしまわず、影をわずかに残すことです。完全にくまを消そうとすると目の下が膨らんだり笑ったときにデコボコが目立ってしまうことも。注入量を控えめにして自然な形に整えることをおすすめします。

 

目の下だけなら10分程度。痛みが不安な方には塗る麻酔《エムラクリーム》をつかえば麻酔がきくまでに30分程度かかりますが痛みは半分以下になります。ダウンタイムがほとんどなく、それほど腫れないため手軽に受けられる治療です。注入したヒアルロン酸は半年から長いものでも2年程度で吸収されます。

【料金を見る】

 

 

 

②お肌のハリ改善

皮膚をターゲットにした治療です。目の下にレーザーなどをあててハリをもたせることでふくらみやたるみを目立たなくします。注射や手術などと組み合わせも可能です。《リフトアップレーザー》《ウルセラハイフ》《フラクショナル炭酸ガスレーザー》などがあります。

フェノールやTCA(トリクロロ酢酸)など真皮まで作用する《強いピーリング》でも同じような効果が得られますが、日本人では術後の色素沈着などが問題となることが多くあまり普及しませんでした。

ところが最近、TCAを使用しながらも刺激や赤みをださずにハリや小じわを改善できヨーロッパ発のピーリング《PRX-T33》が開発され話題になっています。ピーリングの刺激や皮むけ、赤みなどが出にくいため初めての方にもお試しいただきやすい治療です。

関連コラム:目の下のくま、手術による治療

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く