顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

目の下のくま・たるみーよくある質問ー

/

Q1.目の下のくまは治療できますか?

はい、目の下のくまは治療ができます。いくつかの治療法がありますので、ご希望に応じて選んでいただくことができます。

 

Q2.どんな治療方法がありますか?

くまのタイプによってそれぞれに合った治療があります。

①茶くま
色素沈着が原因です。ライトを正面からあててもうす茶色の「くま」が見えればこのタイプです。

治療:マッサージやアレルギーなどで目の周りをよくこする習慣がある方に多いくまですが、もともとの肌質や女性ホルモンの変化も影響します。保湿などのスキンケアや、目もとをこすらないようにするだけでもある程度改善しますが、「ビタミンC」や「トランサミン」などの飲み薬、「トレチノイン」や「ハイドロキノン」などの塗り薬を処方することもあります。

 

②影くま

目元の脂肪のふくらみが原因です。上からの照明が当たっていると目立つのですが、ライトを正面からあてたり、上を向いて鏡を見ると目立たなくなるのが特徴です。凹凸があるのでコンシーラーなどで隠すことが難しいくまです。

治療:「ハムラ法」という手術方法で治療します。脂肪のふくらみを適量とりのぞき、脂肪の一部をふくらみの下にある溝の部分に移動させて目立たなくします。皮膚を切らない方法では、下まぶたの裏から治療を行うため、術後の傷跡を心配することなく受けることができます。また、症状が軽い場合や手術に抵抗がある場合には「ヒアルロン酸注射」でくぼみを目立たなくすることも可能です。

 

③青くま

血管や筋肉が透けて赤紫っぽく見えます。体調によって色味や濃さが変わります。色白で皮膚や皮下脂肪がうすい方、血行不良がある方では目立ちやすい「くま」です。

治療:規則正しい生活習慣や運動など、血行不良の改善が第一です。皮下に薄く「脂肪移植」して青みを目立たなくすることも可能です。

 

Q3.保険適応になりますか?

目の下のくまは健康上の支障がない場合が多いため保険適応にはなりません。当院では自由診療で治療を行っています。

 

Q4.80代ですが治療を受けたいと思っています。

年齢によって治療が制限されることはありません。注射や手術の治療では年齢にかかわらず高血圧などの持病のある方や、血液をさらさらにする抗血小板薬(バイアスピリンなど)や抗凝固薬(ワーファリンなど)を内服されている方では治療後にあざ、腫れなどが出やすいことがありますので、内科などできちんと治療を受けていることや、血液をさらさらにする薬を中止できることなどの条件があります。

 

Q5.治療の費用は?

・ビタミンC+トランサミン内服

¥1000(30日分)

 

・トレチノイン+ハイドロキノン

¥17,280~

 

・ハムラ法による下眼瞼形成術

局所麻酔の場合・・・¥495,720(初診料・検査料・麻酔費・手術費・薬剤費・再診料含む)
全身麻酔の場合・・・¥667,440(初診料・検査料・麻酔費・手術費・薬剤費・再診料含む)

症状に合わせて手術の内容が変わります。手術の内容に合わせて全身麻酔、局所麻酔どちらかを選択していますので、ご自身の症状の場合どちらが向いているか診察の際にご確認ください。

 

・ヒアルロン酸(バギーアイトリートメント)

テオシアルピュアセンスリデンシティⅡ 1本(1ml)+ジュビダームビスタボリューマ1本(1ml)

¥183,600(初診料・表面麻酔・薬剤費・手技量含む)

 

・下まぶたの脂肪移植

全身麻酔の場合・・・¥505,440(初診料・検査料・麻酔費・手術費・薬剤費・再診料含む)

脂肪移植は全身麻酔で受けられることをおすすめいたします。

上記の費用はすべて税込みです。その他の費用については料金表をご参照ください。