まぶたの治療:よくある質問 FAQ

 

Q:きずあとは目立ちますか?

A:まぶたの傷あとは、ふたえの線にかくれるためほとんど目立ちません。3−4か月は目を閉じると傷あとの赤みがわかりますが、半年もたてば目立たなくなります。

 

 

Q:腫れはどのくらいですか?

A:腫れのピークは2−3日目です。

小切開法など小さな切開で行う手術は腫れも少なく1週間もすればほとんど目立たなくなります。

全切開法や徐皺術(皮膚のたるみ取り)では抜糸をする5−7日目の時点で半分程度、2週間で8割程度の腫れがひいた状態になります。1か月もすればほとんど分からなくなりますが、完全に腫れがひくまでには3−6か月目かかります。

 

下記の記事もご参照ください。

コラム:まぶたの治療、ダウンタイムと過ごし方 詳しく見る

コラム:まぶたの治療、ダウンタイムと見た目 詳しく見る

 

 

 

Q:手術や術後の痛みが心配です。

A:まぶたの治療は局所麻酔でできますが、まぶたに麻酔の注射をしますので、チクッとした痛みがあります。できるだけ痛みやあざができるだけ出にくいよう極細の針を使っています。手術中は触れられている感じは分かりますが、痛みはありません。もしチクチクする感じがあれば、痛み止めを追加します。

まぶたの手術には最も長く効く局所麻酔薬を使っています。手術終了前にも麻酔を追加しますので、術後しばらくは痛みを感じません。当日お渡しする痛み止めを飲めば、麻酔が切れてきてもそれほど痛みは感じません。心配な方には寝る前にもう一度痛み止めを飲んでいただくようご案内しています。

どうしても痛みが心配な方や手術の間じっと動かないでいることが難しい方は、全身麻酔でも治療を行っていますのでご相談ください。

お知らせ:顔のクリニック金沢が取り組む痛みの少ない治療 詳しく見る

 

 

Q:メイクはいつからできますか?

A:ファンデーションや眉メイクなどは当日からでも可能です。アイシャドウやアイラインなど目元のメイクは抜糸後から可能です。まぶたの感覚がすこしにぶくなることがありますので、アイラインを引いたときに違和感があるかもしれません。この症状は半年ほどでよくなります。