顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

ヒアルロン酸治療:クリニックについて

/

 

メスを使わない若返り治療のひとつに、ヒアルロン酸注射があります。以前は、お顔の細かなシワを目立たなくする使用法しかありませんでした。最近では、皮膚が衰えた部分に注入してお肌にハリを与えたり、特殊な場所に注入することでリフトアップ効果がだせる製品が登場しています。

 

アラガン・ジャパンの「ジュビダームビスタⓇボリューマXC」と「ジュビダームビスタⓇボリフトXC」は、新しいコンセプト「肌のハリ」「リフトアップ」に特化し、厚生労働省による製造販売認可を得た製品です。

 

 

製剤は専用のシリンジに「滅菌状態」で充填されており、より安全にご使用いただくため当院では1本のシリンジをそれぞれ患者様お一人おひとりに限定して使用しています。

治療前に、

・「ヒアルロン酸の製品名(どんなものをつかっているか)」

・使用するヒアルロン酸をご自身のためだけに使用しているかどうか

この2点の説明があるクリニックで治療を受けましょう。安全に、より効果的な治療を受けていただくために、ご自身が知っていなければならないことです。

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

冬のしみ、ほくろ、いぼ治療

/

 

顔や首の「いぼ」「ほくろ」「しみ」などの治療を受けた後にはできるだけ紫外線が当たらないようにすることが最も大切です。色素沈着による「戻りしみ」を予防するためです。紫外線の最も弱まる冬の季節に治療を受ければ、紫外線の影響を受けにくいという大きなメリットがあります。

 

「しみ」「ほくろ」「いぼ」をレーザーなどで治療したあとは、10日から2週間ほど患部を保護する必要があります。汗をかきにくいこの季節であれば保護材などが汗ではがれてしまう心配も少なくなります。できるだけ傷をはやくきれいに治すために、「ハイドロコロイド被覆材」を使ったケアをおすすめします。この「ハイドロコロイド被覆材」、もともとは医療用に開発されて主に外科や形成外科などで傷のケアなどに使われてきたものですが、最近では手軽にドラッグストアなどでも手に入るようになりました。自宅で簡単にケアができるので治療当日から入浴や洗顔、洗髪も普段通りにしていただけます。

 

マスクや首もとが隠れる服装で治療したところを目立ちにくくすることができるのも冬に治療を受ける大きな利点です。例えばしみの「トレチノインを使った塗り薬治療」では口元まわりの赤みやかさつきが目立つ時期がありますが、そんなときにはマスクが活躍します。

 

しみの治療について

詳細を見る

 

ほくろの治療について

詳細を見る

 

いぼの治療について

詳細を見る

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.

炭酸ガスレーザーによる顔のほくろ治療

/

 

ほくろは大きさ、場所、ご希望によって治療法を選ぶことができます。どの治療も局所麻酔、日帰りで受けることができます。治療の痛みが心配な方にはクリームの麻酔(表面麻酔)と局所麻酔の両方を使って痛みを和らげることができます。注射には極細の針を使い、ゆっくりと注入することでできるだけ痛みを感じないよう配慮しています

※ほくろの治療は一部を除いて自由診療となります。

 

ほくろの治療法について

①メスで丸く切除する

ほくろの縁に沿ってまるく切除します。切除したあとは「ハイドロコロイド被覆材」を貼って保護します。自然に傷がなおるまで10~14日かかります。大きいほくろの場合は早く傷がなおるよう部分的に縫合する場合もあります。

 

②メスで木の葉型(紡錘形)に切除する

きれいに縫合できるよう木の葉型にほくろを切除したあと細い糸で丁寧に縫合し、5~7日後に抜糸します。なおったあとは細い線状の傷あとになります。傷あとが目立ちにくくなるよう2~3カ月間テーピングすることをおすすめしています。ケロイド体質などで傷あとが心配な方には飲み薬(リザベン)を処方します。

 

③炭酸ガスレーザーで除去する

レーザーメスで少しずつ色のついているところ、盛り上がっているところを除去します。ほくろの色や盛り上がりの部分だけを切除することができるため傷あとを一番小さくすることができます。除去後は「ハイドロコロイド被覆材」を10~14日間貼ります。

 

ほくろのタイプ別解説

①小さいほくろ

数ミリまでの小さいほくろは炭酸ガスレーザーによる治療をおすすめしています。たくさんある場合、一度に取ることもできますが、治療したところに保護材(ハイドロコロイド被覆材)を貼る必要があります。保護材は肌色であまり目立ちませんが、もし見た目が気になる場合は何度かにわけることもできます。また、傷あとが心配な方では、まず目立たないところを1か所治療して傷あとをみていただいてから他のほくろを治療するか考えていただくこともあります。

 

②大きいほくろ

6ミリ以上のほくろで、縫合したあとの傷あとが目立ちにくい場所(額、鼻の横など)ではメスで木の葉型に切除することをおすすめします。大きいほくろの場合でも、保護材で自然に治るのをまつ方法で治療することもできますが、大きくなればなるほど治るまでに長期間かかり手間がかかるのと、治るのに時間がかかった傷は目立ちやすいためです。

 

③盛り上がったほくろ

ほくろのなかには、はじめは平らだったほくろがだんだんと盛り上がってくるタイプのものがあります。しょっちゅう出血したり急に大きくなってくるような場合にはできもの(腫瘍)の可能性がありますので、メスで切除して病理検査(悪性かどうかを調べる検査)を行います(保険適応)。出血や急に大きくなるなどの症状がない場合は「ほくろ」として治療します(自由診療)。

 

 

費用(局所麻酔注射、被覆材等の費用を含む)

・炭酸ガスレーザー 3㎜未満  20,000円

・炭酸ガスレーザー 3㎜以上  30,000円

・切除(メス) 6㎜未満  50,000円

・切除(メス) 6㎜以上  120,000円

 

オプション

・表面麻酔 ¥2,000

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.