顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

目の下のくま、ふくらみ – 切らない治療

/

目の下の《くま》《ふくらみ》《たるみ》といった《バギーアイ》の治療にはいろいろな選択肢があります。症状やご希望にあわせてこれらを組み合わせることもできるため、治療のまえには十分な打ち合わせとオーダーメイドのプランニングが欠かせません。

まずは手軽に受けられる手術以外の治療法について説明します。

 

 

 

①ヒアルロン酸注入

からだの一成分である《ヒアルロン酸》を注入してふくらみの下の影を目立たなくします。ふくらみそのものはなくなりませんが《くま》をカモフラージュすることができます。

くまがそれほど目立たない程度ならほとんど分からないくらいにすることができます。はっきりとしたくまは完全に消してしまわず注入量を控えめにして影が少し残るくらいのほうが自然に仕上がります。

 

目の下だけなら10分程度、痛みが不安な方には塗る麻酔《エムラクリーム》をつかいます。麻酔がきくまでに30分程度かかりますが、痛みをほとんど感じることなく注入がおわります。ダウンタイムがなく、腫れないため手軽に受けられる治療です。ヒアルロン酸は半年から長いものでも2年程度で吸収されますので定期的な注入が必要です。

【料金を見る】

 

 

 

 

 

 

②お肌のハリ改善

皮膚をターゲットにした治療です。目の下にレーザーをあてるなどの方法で皮膚にハリをもたせてふくらみやたるみを目立たなくします。注入治療や手術など他の治療法と組み合わせて行うことも可能です。レーザーは《リフトアップレーザー》や細かく点状に照射する《フラクショナル炭酸ガスレーザー》等が使用されます。

フェノールやTCA(トリクロロ酢酸)など真皮まで作用する《強力なピーリング》でも同じような効果が得られますが、日本人では術後の色素沈着などが問題となることが多くあまり普及しませんでした。最近では刺激や赤みをださずに小じわをめだたなくしてくれるヨーロッパ発のピーリングが人気です。

 

関連コラム:目の下のくま、手術による治療

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く

目の下のくまやふくらみ

/

目の下のくま、ふくらみ、たるみは、《バギーアイ(baggy eyelid)》とよばれる現象です。目元の若々しさの象徴である《涙袋》に対して、やつれた感じ、つかれた印象を与えることがあります。女性だけでなく男性にも多い目元の悩みです。

 

 

 

バギーアイの原因

《バギーアイ》は眼球のまわりにある《眼窩脂肪(がんかしぼう)》がせり出してくることで起こります。脂肪をささえているさまざまな組織の弾力が変化するためと考えられています。

ふくらみの下にハの字や半円状の《ティアートラフ》とよばれる溝があることも多く、ふくらみと溝のコントラストによりさらに凹凸が目立つ原因になっています。

 

 

手軽に受けられるヒアルロン酸治療

手軽に受けられる《ヒアルロン酸》治療では、溝やその下にジェル状のヒアルロン酸を注入することでくまを目立たなくします。多少ふくらみやくまがわかる程度にとどめておくのが自然にみえるポイントです。

ヒアルロン酸は通常1本あたり1mlの製剤が多く、目の下だけでは余ってしまうため、ご希望があれば、同じ製剤をつかって効果的に治療できる注入部位をご提案しています。

関連コラム:目の下のくま、手術以外の治療

 

 

 

本格的に治療するなら

眼球のまわりにある《眼窩脂肪》をくぼみの部分に移動させる《下眼瞼形成術(=眼窩脂肪移動)》でふくらみを平らに整えます。あまった皮膚のたるみが気になるようなら《ハムラ法》でまつげのきわから脂肪やリガメントの処理をおこないます。傷あとは目立ちません。皮膚のハリが充分あれば皮膚を切らずにまぶたの裏側から手術を行うことも可能です(裏ハムラ)。

頬の《脂肪注入》を同時におこなうことでよりなだらかで若々しい目元に整える方法もあります。

どちらも日帰りで受けることのできる治療です。

関連コラム:目の下のくま、手術による治療

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く