顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

左右の目の形や大きさが違う2(おとなになってからの場合)

/

 

大人になってから左右差がめだつようになった場合、2つのパターンがあります。

パターン1:皮膚がかぶさって左右差がめだってきた

パターン2:まぶたがくぼんで左右差がめだってきた

 

 

 

 

パターン1:皮膚がかぶさって左右差がめだってきた

年齢や紫外線によって皮膚がたるむと二重の幅はせまくなってきます。もともとはっきりと幅のある二重だった場合でも、奥二重になったり目尻側に皮膚がかぶさった状態になります。

 

治療:

上まぶたの皮膚をとりのぞくことで形を整えることができます。《上眼瞼除皺術(じょうがんけんじょすうじゅつ)》はふたえのラインのあたりで皮膚をとりのぞいて二重の形を整える手術です。二重の線がいくつもあってひとつにしたい、ついでに二重にしたいという方におすすめします。年代に合わせた切除量、デザインが必要です。

 

関連コラム:美しいブレファロプラスティのためのデザイン

 

また、《眉毛下切開法》は眉の下で皮膚を切除する方法です。より多くの皮膚をとりのぞくことが可能で、見た目の変化もよりマイルドです。もともと二重のラインがある、かぶさりの量が多いなどの場合に向いている方法です。

 

 

 

 

パターン2:まぶたがくぼんで左右差がめだってきた

まぶたがくぼむ、ふたえのラインが増えた、目が重い感じ、夕方になると目が疲れる、これらはまぶたの下がり始めたサインです。ハードコンタクトレンズを長く使っていると30代から変化がではじめることも。

まぶたをあける《眼瞼挙筋》からまぶたに力を伝える組織がゆるくなるとまぶたが下がりはじめます。眉が上がっておでこにしわができたり、下がったまぶたでものが見づらくなる《眼瞼下垂症》へと進行します。症状の出かたやもともとの筋力に左右差があると、みための左右差の原因になります。

 

治療:

まぶたの開き具合とくぼみを改善し二重の形も美しくととのえるために《挙筋前転法》を応用した《上眼瞼形成術》をおこないます。片方だけ治療すると《ヘリングの法則》によって反対側のまぶたの形がかわったり、腫れの影響で一時的に左右差が目立ったりするだけでなく、左右差の微調整が難しくなることがあります。特に左右の筋力に差がある方ではバランスを合わせるために左右同時に治療を受けることをおすすめします。

 

 

関連コラム:

挙筋前転法でみられる3つの変化

左右の目の形や大きさが違う1(生まれつきの場合)

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く