顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

ボトックス治療、よくある質問2

/

Q:ボトックス治療をうけたら左右違う目の形になってしまいました。

 

A:眉間や額のしわにボトックスを使うと筋肉の緊張がとれて眉が下がります。もともと眉を持ち上げるくせがある方では、目の形が変わります。また、まぶたのたるみがあれば眉が下がることで皮膚が垂れ下がって目にかぶさるため目が小さく見えることもあります。まぶたの形はもともと左右差があることが多いのですが、ボトックスを使うことでその左右差が目立ってしまう場合もあります。

 

対策:

①使うボトックスの量を減らす:

眉の下がりを最小限におさえることができます。ただし、しわが多少残ったり、早く元に戻ってしまう可能性があります。

 

②ボトックスの量や位置を調節する:

もともとまぶたの形や開具合に左右差がある場合、ボトックスを少量から始めて効果を見ながら足していくと、ちょうど良いバランスになる位置と量を見つけることができます。

 

③まぶたのたるみ治療を先に受ける:

まぶたのたるみが多く皮膚が目にかぶさっているような場合にはボトックス治療よりもたるみの治療を先に受けることをおすすめします。たるみの治療をすると自然に眉が下がって自然な顔立ちになることが多いためです。たるみの治療をしても眉を上げる癖が取れない場合にはたるみの治療後にもボトックスを使うことがあります。