顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

内眼角形成術(目頭切開)

/

目がしらのひだ、内眼角贅皮

「内眼角贅皮、ないがんかくぜいひ」という目がしらの「ひだ」があります。この「ひだ」は人によって形がちがいます。ほとんど目立たない人もいれば、大きく張り出して目が離れているようにみえる人もいます。また、内眼角贅皮が張り出していると目がしら側の二重の幅が狭い「末広型」の二重になりやすい傾向があります。

 

内眼角形成術(目頭切開)とは?

内眼角形成術(目頭切開)では

①目の横幅を広げることができます

②「末広型」から「平行型」の二重にすることができます

もともとの目の形や顔のバランスに合わせて最大限に魅力を引き出せる術式やデザインを選ぶ必要があります。ふたえまぶたの手術と同時に行えば目元を華やかに変化させることもできますし、あまり大きく印象を変えたくない場合は控えめなデザインにします。

 

内眼角形成術の術式について

内眼角形成術にはたくさんの方法がありますが、術式を選ぶときには①傷跡が目立ちにくい、②手術の結果が安定しているという2点についても考える必要があります。

代表的な2つの術式を紹介します。

 

Park法

(Park JI, Plast Reconstr Surg. 1996など)

つっぱりをゆるめたりひだを平らにすることのできる「Z形成」の原理を応用した方法です。

①手術のデザイン

目がしらのひだに沿ってオレンジ色点線を切開します。

オレンジ色で塗りつぶした部分の皮膚は切除します。

②手術中の様子

目がしらのひだの皮膚を上に移動させてつっぱりをゆるめます。

③手術後の状態

シンプルなデザインで皮膚の入れ替えをするため後戻りが少ない方法です。Z型の一辺の長さを大きくすれば目頭を大きく広げることができます。辺の長さを小さくすると変化はひかえめになります。このように小さなZ形成は切開や筋肉の処理、縫合をそれぞれ精密に行う必要があるため、手術用顕微鏡を使って行います。

二重のラインに自然につながるデザインなので、「平行型」二重になりやすい方法です。

 

Redraping法

(Oh Y W, Plast. Reconstr. Surg. 2007.)

①手術のデザイン

目がしらの下から「ひだ」までオレンジ色の線に沿って切開します。

(右のイラストはひだの部分を指で内側に広げたときのデザインです。)

②手術中の様子

筋肉(眼輪筋)の処理をしてつっぱりをゆるめます。

③手術後の状態

傷あとが目がしらに沿った1本の線になります。内側のふたえ幅がせまい「末広型」を希望される方にはこちらの方法が向いています。皮膚と眼輪筋を剝離するのでしばらく「あざ」や「傷跡」が目立つことがあります。あざは2週間程度、傷跡は3〜6か月で目立たなくなります。

 

 

治療にかかる費用:

・局所麻酔術前検査(採血)   6,000円(税別)

・まぶたの幅形成(目頭切開) 350,000円(税別)

リスク・副作用・合併症:

・内出血

内出血によるあざで、かならず出るものではありません。あざが出た場合は2週間ほどで吸収されて消えます。術後5〜7日目に抜糸をした後であればメイクやコンシーラーなどでかくすことができます。

・わずかな形の左右差

まぶたや目がしらの形はほとんどの人で微妙な左右差があることが多いため、できる限り左右差が目立たなくなるようなデザインで行いますが、完全な左右対称にすることを保証するものではありません。