顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

ジュビダームビスタ®ボリフト XC

/

 

この8月にアラガン・ジャパン株式会社から新しいヒアルロン酸が発売されました。

 

ジュビダームビスタ®ボリフト XC

 

ご好評いただいている長持ちタイプのヒアルロン酸「ボリューマ XC」は顎先や額のボリュームアップやリフトアップに効果的な製剤ですが、新発売の「ボリフト XC」は唇やほうれい線への注入に適した長期間持続型のヒアルロン酸です。

 

「顔のクリニック金沢」では、患者様が安心して治療をお受けいただけるよう、使用するすべてのヒアルロン酸の製品名を明示し、実際にお手に取っていただいてから使用しています。それぞれの特徴や情報をご説明し、いくつかの選択肢の中から「最も適したヒアルロン酸製剤」を選択できるようお手伝いいたします。

 

9月22日現在、北陸でアラガン・ジャパンが供給する「ジュビダームビスタ®ボリフト XC」正規品を取り扱っているのは当院だけです。

 

 

・ジュビダームビスタボリフト(アラガン社)

ほうれい線、マリオネットライン(12~18カ月持続)

1本(1ml)¥96,000

 

・ジュビダームビスタボリューマ(アラガン社)

顎、頬、額、こめかみ(約2年持続)

1本(1ml)¥96,000

 

・ジュビダームビスタウルトラ、ウルトラプラス(アラガン社)

ほうれい線、マリオネットライン(9~12カ月持続)

1本(1ml)¥76,000

 

・テオシアルリデンシティⅡ(テオキサン社・スイス)

まぶた、唇(9~12カ月持続)

1本(1ml)¥69,000

 

※表示価格はすべて税抜き価格です(別途消費税がかかります)。

 

 

ボトックス治療:よくある質問

/

Q:効果はどれくらい続きますか?

A:ボトックスの効果は4〜6か月続きます。急に元に戻ることはないので、4カ月目頃から少しづつ筋肉が動き始めて6カ月目頃にはもとの状態に戻ります。どの時点で次の治療を受けるか決まりはありません。しわができない状態を維持したい場合は4カ月に1回、完全にもとに戻ってからでもよいのであれば半年に1回、イベントなどにあわせて治療したい場合はイベントの2週間以上前の治療をおすすめしています。

 

Q:ボトックス注射は痛いですか?

A:痛みはほとんどありません。極細の注射針を使用し、ご希望に応じてクリームの表面麻酔や冷却を行っています。

 

Q:ボトックスをはじめるとくせになってやめられなくなるのでは?

A:ボトックスには中毒性はありません。ボトックスを始めるのもやめるのもすべて治療を受ける方が自由に決定できます。ただし、ボトックス治療を受けられている方の多くがその効果に満足し定期的に治療を受けられているため、そのような表現をされることがあるのかもしれません。

 

Q:ボトックスを使うと顔が能面のように無表情になってしまいませんか?

A:なりません。顔全体に大量のボトックスを注射すれば表情筋が動かなくなって能面のようになってしまうこともあるかもしれませんが、しわの治療ではそのような使い方はしません。しわが気になる目尻や眉間などに決められた量を注射する場合、他の部分は表情にあわせて動くので心配ありません。

 

Q:繰り返して受けると筋肉が硬くなって変な顔になってしまいませんか?

A:ボトックスには筋肉の動きをおさえる作用があるので、どちらかというと筋肉は萎縮します。萎縮した筋肉は柔らかくなるので、顔の筋肉が硬くなる心配はありません。

 

目の下のくま、ふくらみ – 手術以外の治療

/

目の下の《くま》《ふくらみ》《たるみ》といった《バギーアイ》の治療にはいろいろな選択肢があります。症状やご希望にあわせてこれらを組み合わせることもできるため、治療のまえには十分な打ち合わせとオーダーメイドのプランニングが欠かせません。

まずは手軽に受けられる手術以外の治療法について説明します。

 

 

 

①ヒアルロン酸注入

からだの一成分である《ヒアルロン酸》を注入してふくらみの下の影を目立たなくします。ふくらみそのものはなくなりませんが《くま》をカモフラージュすることができます。

くまがそれほど目立たない程度ならほとんど分からないくらいにすることができます。はっきりとしたくまは完全に消してしまわず注入量を控えめにして影が少し残るくらいのほうが自然に仕上がります。

 

目の下だけなら10分程度、痛みが不安な方には塗る麻酔《エムラクリーム》をつかいます(麻酔がきくまでに30分程度かかります)。ダウンタイムがなく、腫れないため手軽に受けられる治療です。ヒアルロン酸は半年から長いものでも2年程度で吸収されますので定期的な注入が必要です。

【料金を見る】

 

 

 

 

 

 

 

②お肌のハリ改善

皮膚をターゲットにした治療です。目の下にレーザーをあてるなどの方法で皮膚にハリをもたせてふくらみやたるみを目立たなくします。注入治療や手術など他の治療法と組み合わせて行うことも可能です。レーザーは細かく点状に照射するフラクショナル炭酸ガスレーザー等が使用されます。

フェノールやTCA(トリクロロ酢酸)など真皮まで作用する「強力なピーリング」でも同じような効果が得られますが、日本人では術後の色素沈着などが問題となることが多くあまり普及しませんでした。最近では刺激や赤みをださずに小じわをめだたなくしてくれるヨーロッパ発のピーリングが人気です。

 

関連コラム:目の下のくま、手術による治療

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く