目の下のくま、ふくらみ

 

下まぶたの悩みで最も多いのは「目の下のくま」「目の下のふくらみ」「目の下のたるみ」です。「バギーアイ」(baggy eyelid)とも呼ばれます。目元の若々しさの象徴である「涙袋」とは異なり、少し老けた印象や疲れた印象を与えることがあります。女性だけでなく男性からも聞かれることの多い悩みの一つです。

「バギーアイ」は眼球のまわりにある脂肪(眼窩脂肪 がんかしぼう)をつつんでいる薄い膜(眼窩隔膜 がんかかくまく、図の緑色ライン)がゆるみ、脂肪がせり出すことで起こります。皮膚や筋肉(眼輪筋、図の赤ライン)の厚みやハリが低下することも原因の一つと考えられています。

 

これを改善させるための治療として、ふくらみの部分にある脂肪を切除したり移動させる方法(ハムラ法など)があります。皮膚のたるみが目立つ場合は、下まぶたのまつげのきわを切開して脂肪の処理を行った後たるんだ皮膚も切除します。まつげ際の切開では、傷あとはあまり目立ちません。皮膚のたるみがなければ、まぶたの裏側(結膜)から手術を行うことも可能です。どちらも日帰り全身麻酔で眠っているあいだに治療をうけられます。

症状が軽い方で手術に抵抗がある場合は、ヒアルロン酸による治療がよいかもしれません。

 

次回は手術以外の治療や、手術による治療についてもう少し詳しく説明します。