顔のクリニック金沢

COLUMN

コラム

メイクが楽しくなる、まぶたの治療。

/

 

《ブレファロプラスティ》はまぶたを美しく魅力的にする治療です。

 

はじめておこなわれた《ブレファロプラスティ》は、かぶさった皮膚をとりのぞくだけのものでした。いまではまぶたの皮膚、筋肉、脂肪の3つの要素にきめ細かく配慮することで、まぶた(=blepharo)の、形をより美しくととのえる手術(=plasty)としてさまざまなテクニックを応用した《ブレファロプラスティ》がおこなわれるようになっています。

 

 

 

あなたのご希望に合わせて

目をぱっちり大きくしたい、まぶたが重い感じを改善させたい、というご希望でしょうか。それとも、ひたいのしわが気になる、眉を上げずに目を見開いたときの印象を良くしたいという変化かもしれません。

《ブレファロプラスティ》はまぶたのたるみだけでなく保険適用とならない軽い眼瞼下垂にも応用できる究極の美容手術です。眼科、形成外科の技術を応用して黒目の見え方、ふたえの形、まぶたのくぼみやふくらみまで美しく整えることが治療のゴールです。

 

 

 

 

ブレファロプラスティがかなえる3つの変化

 

1.黒目をぱっちりと大きく

2.理想的なふたえに

3.まぶたをすっきりと美しく

 

 

 

 

1.黒目をぱっちりと大きく(上眼瞼形成術)

黒目が大きくみえるよう、目を開ける筋肉(=挙筋)をたぐりよせてしっかり固定(=前転)する、《挙筋前転法》を応用しています。かくれていた黒目が見えるようになり、筋力があれば黒目全体がくりっと見えるようになります。

※術中に鏡で見てご希望に沿うよう調整ができます。見た目が自然で楽に目を開けたり閉じたりできる範囲での調整をおすすめします。

※まぶたが楽に上がるようになると三白眼(黒目の下に少し白目が見えること)が改善することがあります。肩こりや頭痛などが改善する場合もありますがこれは必ずしも改善するものではありません。

 

関連コラム・自然で美しいまぶたのカーブ

 

 

2.理想的なふたえに(上眼瞼形成術、上眼瞼徐皺術)

いまのまぶたがどのような形でも、そのまぶたに合う自然なふたえの形をご提案いたします。すでにイメージが決まっていれば形や幅についてくわしくお伺いします。ご希望の形に近い写真などがあればお持ちください。アイブジーという器具でシミュレーションをおこないます。ご自身のまぶたで仕上がりを確認することができます。

二重の幅や形は仕上がりに影響しますので担当医とよくご相談ください。

・二重まぶたの幅について

 

 

3.まぶたをすっきりと美しく(上眼瞼形成術、上眼瞼徐皺術)

《ブレファロプラスティ》ではまぶたを美しくととのえるためのあらゆるアプローチが可能です。

それぞれのまぶたにあわせたデザインによって皮膚や脂肪の量を調整することで個性を引き立てつつ魅力的なまぶたへと導きます。高周波メスや手術用マイクロスコープをつかうことでデザイン通りの精密な切開、切除が可能となり回復もスムーズです。

・美しいブレファロプラスティのためのデザイン

・まぶたのふくらみとくぼみ

・ダウンタイムを短くするための3つの取り組み

 

 

メイクが楽しくなるまぶたの治療

・ブレファロプラスティはまぶたを美しく整える手術です。

・ふたえの形だけでなくふくらみやくぼみ、黒目の見え方を含めたトータルな治療です。

・回復が早いため術後1週間の抜糸が終わればアイメイクを楽しむことができます。

 

 

 

 

費用について(自由診療、税別)

検査費用

・局所麻酔術前検査(採血) 6,000円

 

手術費用

・上眼瞼徐皺術(皮膚のたるみとり、二重まぶた形成を含むー上記コラム2,3)

350,000円

 

・上眼瞼形成術(挙筋前転術を応用したブレファロプラスティ、まぶたの開き調整、皮膚のたるみとり、二重まぶた形成を含むー上記コラム1,2,3)

500,000円

 

※上記費用には手術で使用する麻酔、糸、内服薬(止血剤・鎮痛剤・抗生剤)、術後ケア用品、術後4回の再診料や処置料などがすべて含まれます。

※皮膚や脂肪の除去には追加費用がかかりません。一部のオプション(ROOF切除、脂肪注入、ヒアルロン酸など)については追加費用かかります。

※年齢制限はありませんが、局所麻酔での手術を受けることが可能な方に限ります。

※術後半年目以降にタッチアップ(修正術)が可能です。

 

 

 

合併症やリスク

薬剤のアレルギー:術中術後使用薬などによる各種アレルギー反応(稀にアナフィラキシー反応などの重篤なアレルギー反応)。

出血:通常手術当日から翌日にかけてにじむ程度の出血がみられます。皮下出血(あざ)が出る場合があります。

感染・異物反応:使う糸はナイロンやポリプロピレンの医療用縫合糸で、体の中に残しても通常害のないものですが、ごくまれに異物反応(赤くなる、 しこりになる、等)を起こすことがあります。

 

 

 

まとめ

・ブレファロプラスティはまぶたを美しくととのえる手術です。

・まぶたの形や黒目の見え方にこだわってご自身の希望を反映させることができます。

・保険適用とならない軽い眼瞼下垂にも応用できる究極のまぶた治療です。

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く

 

※厚生労働省のガイドラインに準拠して費用、合併症等を記載したうえでイラストを掲載しています。

まぶたの手術と「きずあと」

/

上まぶたは顔のなかでも「きずあと」が目立ちにくい場所です。まぶたを切開する手術、「二重切開法」「挙筋前転法」「まぶたのたるみ取り(ブレファロプラスティ)」などを受けたあとのまぶたの「きずあと」について説明します。

 

手術デザイン

まつげのきわから10㎜前後までの皮膚が薄い位置で切開すれば、きずあとが目立ちにくく自然に仕上がります。

 

たるみとりを同時におこなう場合、皮膚を多く取りすぎると眉毛近くの「厚い皮膚」が、まつげ近くの「薄い皮膚」に縫い合わせられ、腫れぼったく不自然に見えることがあります。それぞれのまぶたの状態にあわせて厚い皮膚の部分まで皮膚を取らないこと、ふたえの幅を広くしすぎないことをおすすめしています。

 

手術後1週間

抜糸直後の様子です。きずあとは多少くぼんで食い込んでいるように見えますが、これは腫れと傷がなおるときに一時的に硬くなることが原因です。あざが出た場合は10日から2週間で黄色くなり吸収されて消えます。

 

手術後1か月

きずあとはすこし赤みがあり触ると硬い感じがしますが、腫れが落ち着いてくぼみは目立たなくなってきます。傷のあたりにピリッとするような痛みを感じることがあります。まつげ近くの感覚がにぶい感じがすることもあります。どちらも数ヶ月から半年でおさまります。

 

手術後6か月

赤みやくぼみが目立たなくなりました。触ったときの硬さや痛み、感覚のにぶさもおさまります。

 

手術後1年

きずあとはほとんどわからなくなります。

 

 

 

治療にかかる費用(自由診療、税別)

検査費用:

・局所麻酔術前検査(採血) 10000円

 

手術費用:

・上眼瞼形成術      500,000円

(挙筋前転術を応用したまぶたの開き調整:皮膚のたるみとり、二重まぶた形成を含む)

・上眼瞼徐皺術      350,000円

(皮膚のたるみとり:脂肪の切除や二重まぶた形成を含む)

・二重瞼、全切開法    330,000円

(目の横幅までの切開でおこなう二重まぶた形成術)

・二重瞼、部分切開法    220,000円

(1㎝程度の小さな切開からおこなう二重まぶた形成術)

 

※費用はすべて税抜き価格です。

※手術費用には手術で使用する麻酔などの薬剤、糸などの材料、術後の内服薬(鎮痛剤・抗生剤)、術後ケア用のガーゼ等、術後1週間・1か月・3ヵ月・6か月目の再診料や処置料が含まれます。

 

合併症やリスク

薬剤のアレルギー:術中術後使用薬などによる各種アレルギー反応(稀にアナフィラキシー反応などの重篤なアレルギー反応)。

出血:通常手術当日から翌日にかけてにじむ程度の出血がみられます。皮下出血(あざ)が出る場合があります。

感染・異物反応:使う糸はナイロンやポリプロピレンの医療用縫合糸で、体の中に残しても通常害のないものですが、ごくまれに異物反応(赤くなる、 しこりになる、等)を起こすことがあります。

 

 

※日常生活に支障があるような「重度の眼瞼下垂症」と診断された場合、保険適応での「眼瞼下垂症手術」もおこなっています。診察の際にご相談ください。

※厚生労働省のガイドラインに準拠して費用、合併症等を記載したうえで、術前・術後の写真を掲載しています。

 

 

お問い合わせ・ご予約

TEL 076-239-0039 (クリニック予約)
10:00 a.m. ~ 18:00 p.m. 木曜日、日曜日を除く

まぶたの治療:よくある質問 FAQ

/

 

Q:きずあとは目立ちますか?

A:まぶたの傷あとは、ふたえの線にかくれるためほとんど目立ちません。3−4か月は目を閉じると傷あとの赤みがわかりますが、半年もたてば目立たなくなります。

 

 

Q:腫れはどのくらいですか?

A:腫れのピークは2−3日目です。

小切開法など小さな切開で行う手術は腫れも少なく1週間もすればほとんど目立たなくなります。

全切開法や徐皺術(皮膚のたるみ取り)では抜糸をする5−7日目の時点で半分程度、2週間で8割程度の腫れがひいた状態になります。1か月もすればほとんど分からなくなりますが、完全に腫れがひくまでには3−6か月目かかります。

 

下記の記事もご参照ください。

コラム:まぶたの治療、ダウンタイムと過ごし方 詳しく見る

コラム:まぶたの治療、ダウンタイムと見た目 詳しく見る

 

 

 

Q:手術や術後の痛みが心配です。

A:まぶたの治療は局所麻酔でできますが、まぶたに麻酔の注射をしますので、チクッとした痛みがあります。できるだけ痛みやあざができるだけ出にくいよう極細の針を使っています。手術中は触れられている感じは分かりますが、痛みはありません。もしチクチクする感じがあれば、痛み止めを追加します。

まぶたの手術には最も長く効く局所麻酔薬を使っています。手術終了前にも麻酔を追加しますので、術後しばらくは痛みを感じません。当日お渡しする痛み止めを飲めば、麻酔が切れてきてもそれほど痛みは感じません。心配な方には寝る前にもう一度痛み止めを飲んでいただくようご案内しています。

どうしても痛みが心配な方や手術の間じっと動かないでいることが難しい方は、全身麻酔でも治療を行っていますのでご相談ください。

お知らせ:顔のクリニック金沢が取り組む痛みの少ない治療 詳しく見る

 

 

Q:メイクはいつからできますか?

A:ファンデーションや眉メイクなどは当日からでも可能です。アイシャドウやアイラインなど目元のメイクは抜糸後から可能です。まぶたの感覚がすこしにぶくなることがありますので、アイラインを引いたときに違和感があるかもしれません。この症状は半年ほどでよくなります。

 

お問い合わせ・ご予約(診察の予約は電話受付のみ)

TEL 076-239-0039

10:00 a.m. ~ 18:00 p.m.(木、日除く)

〈顔のクリニック金沢〉専用お問い合わせフォーム